埼玉県庁と埼玉県議会を表敬訪問


10日、2020シーズン開幕に向けて、立花洋一代表と土田尚史スポーツダイレクター(SD)、大槻 毅監督、西川周作、白戸秀和パートナー・ホームタウン本部長、中村紀彦パートナー・ホームタウン本部 担当部長が、埼玉県庁と埼玉県議会を表敬訪問し、2020シーズンの抱負などを語りました。

詳しい模様をホームページ、チームトピックスに掲載しております。

コチラ→http://www.urawa-reds.co.jp/static/ttt/164194.html


さいたま市教育委員会推進事業「『自分発見!』チャレンジupさいたま


1/18(土)「自分発見!チャレンジupさいたま」の開催いたしました。

さいたま市教育委員会が推進する事業「『自分発見!』チャレンジupさいたま」の一環として、
浦和レッズレディース選手との交流が行なわれ、安藤梢選手と乗松瑠華選手がレッズランドクラブハウス2階にてさいたま市内の小中学生と交流を深めました。

第1部のレクリエーションで、選手を身近に感じてもらい、子供達同士も学校・学年関係なく触れ合うことができた。室内でしたが、選手には得意技を披露し、間近で観れた子供・保護者の皆様より歓声があがった。


身体がほぐれた後の第2部では、自己紹介・将来の夢、選手へのインタビューで楽しく交流ができた。

レディース選手と触れ合い、サッカーを通じて、経験談や日々の活動、勇気をもってチャレンジすること、頑張れば頑張るほどできるようになることを聞き、子どもたちは「自分発見!」の力になる物を得られたのではないかと思う。

 

「自分発見!」チャレンジupさいたまとは  →  コチラ


令和2年さいたま市成人式


1/13(月) 「令和2年さいたま市成人式」がさいたまスーパーアリーナにて開催されました。

今回、さいたま市で成人を迎えたのは1万3403名。浦和レッズ所属の橋岡大樹選手、荻原拓也選手、浦和レッズレディース所属の高橋はな選手の3選手も成人を迎え、さいたまスーパーアリーナに来場した同世代へスペシャルメッセージを送りました。

橋岡大樹選手
「さいたま市のみなさん、ご成人おめでとうございます。浦和レッズの橋岡大樹です。
今年東京オリンピックがありますが、この世代の代表として、そして埼玉代表として出られるように頑張ります。
この世代のみんなで、日本そして埼玉を盛り上げられるように頑張りましょう!」

荻原拓也選手
「さいたま市のみなさま、この度はご成人おめでとうございます。浦和レッズの荻原拓也です。
自分はプロサッカー選手になるという一つの目標を達成できましたが、日本を背負ってこれから活躍するという目標に向かって日々努力しています。夢を追う同士として切磋琢磨しあっていきましょう。」

高橋はな選手
「新成人のみなさんおめでとうございます。浦和レッズレディースの高橋はなです。
いつも浦和レッズレディースを応援していただきありがとうございます。
私も今年成人を迎えまし。大人としての自覚を持ち何事にも積極的にチャレンジしていきましょう。
それでは、これからも浦和レッズレディースの応援をよろしくお願いいたします。」

 

当日は、レディアも出演しアリーナ入口にて新成人を出迎え、
新成人代表とともに、社会貢献活動「さいたま市立病院」への桜植樹のための募金を行いました。

「感謝と共にきりひらく」をテーマとした成人式では
3選手からの熱いメッセージ、レディアの出演により新成人の門出を祝うことができました。


「サッカーのまち 浦和」                    第53回さいたま市小学校体育連盟浦和支部サッカー中央大会 開催


1月18日金曜日、22日火曜日、レッズランドの人工芝グラウンドで『平成30年度第53回さいたま市小学校体育連盟浦和支部サッカー中央大会』が開催されました。
「サッカーのまち 浦和」ならではの伝統あるこの大会で、各小学校、各ブロックの激戦を勝ち抜いてきた児童たちは、サッカー経験の有無やテクニックに関係なく、全力でボールを追いかけ、仲間と共に勝利を目指し、一生懸命にプレーしていました。また、クラスメートや保護者、教職員の方々も、児童たちを力いっぱい応援し、サッカーを通じてクラスや学校、地域が一体となっている様子を感じることができました。閉会式では、優勝チームにトロフィーや賞状、浦和レッズからチャンピオンフラッグが授与されました。
そして大会終了後は、クラスごとに集まり、全力を出し切った児童たちが清々しい笑顔で記念撮影を行い、大会を締めくくりました。
(浦和レッズ ホームタウン・普及部)


南区ふるさとふれあいフェア 2018


秋といえば、おまつりやイベントの季節!!
やってきました浦和競馬場[足][足]


10/6(土)は南区一大イベントの区民まつり『南区ふるさとふれあいフェア』です[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

浦和レッズはレディア出演とPRブースを出展。
南区バージョンのつなが竜ヌゥとレディアの「ぬりえコーナー」を実施しました。

男の子も女の子も小さい子もみんな上手にぬり絵を楽しんでくれました。

皆さんの作品は、後日浦和サッカーストリートのデジタルインフォメーションウォールにて展示します[アート]お楽しみに☆

 


「南区ふるさとふれあいフェア」のぬりえ@サッカーストリート


10/6(土)南区ふるさとふれあいフェアで実施した『こどもぬりえコーナー』で募集したぬり絵108点は、10/14(日)から10/28(日)まで展示中です[アート]

ぜひ浦和サッカーストリートに足を運んでいただき、自分の作品を見つけてくださいね☆


ハートフルサッカーin上尾


暑さが和らぎ、スポーツの秋到来[サッカー][サッカー][サッカー]

今年も上尾市地域振興公社主催「上平公園ハートフルサッカー」が10/6(土)に開催されました。
元気いっぱいな小学1年~6年生男女の親子が参加してくれました。
夜に親子で素晴らしい天然芝の野球場の上で出来るハートフルサッカーは特別感でいっぱいです[exclamation×2]

まずは落合キャプテンの講話をしっかり聞いてから(低学年の児童も1時間一生懸命聞いていました)、グラウンドに出て、コーチの教えを親子で思いっきり表現していました。

最後にみんなで記念写真☆
今年はご担当者の方が電光掲示板の文字をいつもより赤くこだわってくださったそう[ひらめき]素敵なこだわりに感激です[目]


そして、上尾市上平公園には沢山の種類のバラが植えてある素敵なバラの丘があります。
そこに昨年植樹させていただいたレッズローズが今年もきれいに咲いていました[ぴかぴか(新しい)]
また来年、真っ赤なレッズローズと上尾の皆さんにお会いできるのが楽しみです。

引き続き、浦和レッズとハートフルクラブの活動がより認知され理解されるよう、これからもホームタウン活動を続けてまいります。


未来くる先生@さいたま市立新和小学校


9/6(木)岩槻区にあるさいたま市立新和小学校にて、さいたま市教育委員会主催の『未来くる先生』が行われました。

本日の講師であるハートフルクラブの落合キャプテンは、講話の中で毎年訪れている被災地での支援活動やアジア各国での体験談を踏まえ、人に思いやりを持つことの大切さを伝えると共に何事にも一生懸命取り組むことの大切さを伝えました。


(6年生は1クラス40名、児童たちも一生懸命聞いていました)


8/19本日、岩槻まつりへ!


おはようございます。
本日8/19(日)、14:00~18:00で、岩槻まつりに初ブース出展します。
場所は、岩槻駅前クレセントモールの「駅前ちびっこ広場」です。
今日は「ぬりえ」をします。
皆さんの作品を、浦和サッカーストリートのタッチディスプレイに展示させていただく予定です。
お時間のある方、お近くの方はぜひ岩槻まつりにお越しください!


桶川でハートフル!


8/3(金)、桶川市で初めての『第1回ハートフル[揺れるハート]サッカーin桶川』が行われました。夏の暑さ[晴れ]にも負けず、小学1年~4年生の男女71名が参加してくれました。

上尾市や鴻巣市・熊谷市ではおなじみのハートフルですが、その中間にある桶川市は“未開の地”。このたび桶川青年会議所の主催、桶川市や教育委員会の後援を得て、その第一歩を踏み出すことができました!

未開の地だけあって、レッズのユニフォームで参加する子供たちはチラホラ・・・
「子供たちのユニフォーム姿を増やしたい」と心に誓うクラブスタッフでした[わーい(嬉しい顔)]

桶川では、昨夏のイベントにブース出展したり(※今年も8/25に[イベント]出展します!)、少しずつですが浦和レッズのPR活動を広げています。
桶川に限らず、さいたま市周辺の市町村、埼玉県全域においても、浦和レッズやハートフルクラブの活動がより認知され理解されるよう、これからも地道にホームタウン活動を続けてまいります[exclamation×2]