MENU

このゆびとまれっず!

わたしたち浦和レッズは、クラブ理念のとおり、社会のために存在しています。
すこしでも社会の役に立つために、地域のみなさんがスポーツを通じて笑顔にあふれ健康で幸せな生活をしてほしいという願いで、日々活動をしています。

浦和レッズのホームタウンさいたま市には130万人もの人たちが暮らしています。
暮らし方は人それぞれですが、多くの課題や悩みも、人それぞれの生活の中で抱えています。

地域にある課題は、浦和レッズの課題そのものです。何とかしたいーーー

でも、その課題は「浦和レッズ」や「ほかの誰か」だけで解決できるものではありません。

同じおもいを共有する仲間とみんなで解決していくものと考えています。

わたしたち浦和レッズは、多くの人に支えられ地域に根差すプロスポーツクラブとして、地域社会や地域の人たちのために「このゆびとまれっ!」とゆびを高く掲げることにしました。
つぎは、みなさんに、このゆびに駆け寄っていただきたいと思っています。 みんなで一緒に活動しながら、この活動の輪が広がり、地域に幸せが増えていくことを願っています。

このゆびとまれっず!とは

「このゆびとまれっず!」は、地域の課題解決を目指し、クラブがきっかけとなって(=浦和レッズが指を掲げて)、支援者・賛同者とともに(=仲間を募って)、継続・拡大(=活動の輪を広げる)していくアクションプログラム(※)です。

※この活動は、新型コロナウイルスの影響で深刻化した課題(経済困窮家庭などの支援等)に取り組む休眠預金を活用した「スポーツクラブによるコロナ緊急支援事業」としてキックオフしています。

「舞い上がれ社会を変えるみんなのちから」休眠預金を活用した事業です

実施内容

action 01
ハートフルケア

画像:ハートフルケア

浦和レッズは、地域のみなさんがクラブやスポーツを通じて、笑顔にあふれ健康で幸せな生活をしてほしいと願っています。
【ハートフルケア】では、コロナ禍でより深刻化する、生活に困っている家庭や子どもたちの課題解決や緩和をしていくため、プロスポーツクラブとしての人材やノウハウ、ネットワークを活用したスポーツプログラムを実施します。この活動により、子どもたちの笑顔創出と心身のストレス緩和を目指します。

action 02
REDS Santa

画像:Reds Santa

「青少年の健全な発育に寄与すること」「地域社会に健全なレクリエーションの場を提供すること」は、浦和レッズ理念の基本活動方針です。
毎年クリスマスの季節に、さいたま市及び周辺の子ども食堂に、浦和レッズのグッズやお菓子・おもちゃ・支援品などをデリバリーします。【REDS Santa】は、クラブ、選手、パートナー企業さまほか、いろいろな方々からの活動資金や寄贈品、人的協力などを得ながら活動の輪を広げていきます。

action 03
特設ページ

画像:特設ページ

この特設ページを通じて活動を発信し、ファン・サポーターのみなさんや地域に暮らす人たち、企業や団体等にこの活動を広く認知していただくとともに、活動への賛同・参加・支援を募ります。

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ