MENU

経営情報

2019シーズンのトップチームは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)において、選手たちのモチベーションや途中就任した大槻 毅監督の分析力を生かし、日本史上初の3度目の決勝進出を果たして、アジアのタイトルまであと一歩と迫りました。しかし一方で、リーグ戦を中心に成績が安定せず、3年連続となる監督交代を実施したほか、Jリーグにおいては残留争いを、天皇杯では3カテゴリー下のチームに敗れ、2020シーズンのACLの出場権を逃すなど、非常に厳しいシーズンとなりました。

2016年からは3年連続でタイトルを獲得していましたが、2019シーズンは無冠に終わり、さらにここ3年でリーグ戦での成績が安定しない状況が続いたため、新しい風を注入し、浦和レッズのサッカーを確立するため、シーズン終了後には強化体制を大きく変更しました。

2019年度の事業収入については、史上初の80億円を超える、82億1,766万円となり、過去最高を記録しました。事業運営費、チーム運営費、一般管理費を合わせた営業費用は80億8,172万円となり、この結果、営業利益が1億3,594万円、当期純利益は6,198万円となり、9年連続で黒字を確保しました。

平均入場者数の推移

ACLのホームゲームを含む総入場者数は80万2,786人と、前年比12万1,211人が増えました。
一方で、リーグ戦の平均入場者数を見ると、3万4,184人と前年度比で1,318人減となりました。これは、リーグ戦でのチーム成績の低迷と開催日の平日振り替え(当初3日→最終的に7日)が重なったためと考えられます。なお、入場料収入は、約23億円となりました。

営業収入と「収入の3本柱」の推移

広告料収入は、新規パートナーの獲得、RBC(レッズビジネスクラブ)の獲得などが功を奏し、38億円を超え、過去最高を達成しました。

グッズ収入は、ACLでの勝ち上がりで試合数が2試合増え、スタジアムでの販売機会も増えたことで、前年よりも下回ったものの、2年連続で9億円を超えました(前年度比5,134万円減)。

その他収入とリーグ分配金の合計は、ACL準優勝賞金やAFCなどからのプレミアム収入により、11億7,454万円(前年度比2億7,073万円減)となりました。

総資産の推移 (単位:百万円)

純資産は16億1,881万円と昨年に続き、過去最高を更新しました。過去の利益の蓄積である利益剰余金は12億3,321万円(前年度比6,198万円増)となりました。

クラブの具体的な取り組みとしては、クラブ史上最大の「席割り改革」を実施しました。新規来場者向けの「ウェルカムシート」、ホームタウン在住者向けの「サッカーのまち 浦和シート」などを設けたほか、試合毎にいろいろなテーマの企画を付けた「企画シート」を新設するなど、さまざまな方に楽しんでもらえるよう、改革しました。

開始から5年目を迎えたREX CLUBの会員数は前年より1万人以上増え、9万3,000人を超えて、10万人の大台へと迫りました。
また、浦和レッズ理念にある、安全・快適で熱気あふれるスタジアムづくりのために、ファン・サポーターのみなさんとの継続した対話を実施していったほか、5年間の差別撲滅に向けたアクションプログラム「“ZERO TOLERANCE”」を終え、新たにSDGsへの本格的参画も行っています。
加えて、「地下鉄7号線(埼玉高速鉄道)延伸」及び「埼玉スタジアム駅等の設置」の署名活動を実施し、埼玉県とさいたま市に要望して、ホームゲーム時のアクセス改善に向けて取り組みを進めました。また埼玉スタジアム2002公園の指定管理者にも選定されました。

2020シーズンは、現在、世界を覆う新型コロナウイルスの影響もあり、経営に大きな悪影響があることは避けられないと予想されます。この危機的状況に対し、私たちはクラブ一丸となって浦和レッズの存在意義をあらためて確認し、その存続に向けて全力を尽くしていきます。サッカーなどのスポーツは、ともすれば生活の必需品ではないものとして、その必要性に疑念が抱かれるものですが、私たちは、こうした危機的状況を迎えているからこそ、サッカーやスポーツの存在が必要であると信じています。
国民、ファン・サポーターのみなさまをはじめ、選手、クラブスタッフを含む、あらゆるステークホルダーのみなさまの健康と安全に配慮しつつ、クラブが存続し、リーグが継続されて、スポーツの喜びや感動を世に伝えられるよう、あらゆる努力を行っていきます。

その上で、リーグが再開された暁には、チームは「浦和のために、最後まで走り、闘い、貫く」という浦和レッズが背負う責任を常に意識して闘っていき、見ている方たちが勇気づけられるようなプレーを示したいと考えています。また常に勝利を目指すことはもちろん、3年計画で浦和レッズのサッカーとは何かを追求して確立させ、タイトルを獲れるチームを作ります。

育成は、「心を動かす」選手を育てることをモットーに、トップチームのチームコンセプトに一貫した育成メソッドを作成していきます。

レディースは、2年目を迎える森監督のもと、さらなるチームコンセプトの浸透、選手の成長を実現し、昨シーズン、あと一歩まで迫ったタイトル獲得を目標とします。

事業的には、新型コロナウイルスの影響を最小化するような取り組みを模索していくことはもちろん、浦和レッズが企業や地域をつなげるハブとなり、「社会や地域の課題解決」に取り組んでいきます。ここでも浦和レッズが、今だからこそできることを考え、行動していきます。

浦和レッズの存在意義は、地域の公共財として、「サッカーをはじめとするスポーツの感動や喜びを伝え、スポーツが日常にある文化を育み、次世代に向けて豊かな地域・社会を創っていく」ことにあります。社会環境として、不確実、不透明な時代に突入して久しいですが、サッカーをはじめとするスポーツが担う社会的役割や存在意義を常に意識し、チームと事業が両輪となって、ファン・サポーターをはじめとする多くの方々の人生に、少しでも豊かさを添えられるよう、浦和を背負う責任という思いを持って、取り組んでいきます。

クラブ収支状況(単位・百万円)
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
営業収入

6,088

6,606

7,971

7,549

8,218

入場料収入

2,174

2,375

2,337

1,923

2,300

広告料収入

2,549

2,593

3,193

3,226

3,841

グッズ収入

687

778

813

954

903

Jリーグ分配金(※1)

270

319

536

389

468

その他(※1)

408

541

1,092

1,057

706

営業費用(※2)

5,961

6,426

7,415

7,540

8,082

事業費用

5,301

5,749

6,544

6,694

7,171

事業運営費

2,677

2,805

3,141

2,835

3,180

チーム運営費

2,624

2,944

3,403

3,859

3,991

(うち選手・監督
・コーチ報酬)

(2,100)

(2,381)

(2,644)

(3,108)

(3,228)

一般管理費

660

676

871

846

911

営業利益

127

180

556

9

135

経常利益

126

184

536

32

139

当期純利益 51 173 331 39 62
  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
  • (※1)「Jリーグ分配金」には賞金は含まれていません。「その他」には選手移籍関連収入、賞金、出場料、出演料、スクール収入、育成(アカデミー)関連収入等が含まれています。
  • (※2)営業費用の主な内訳は次頁の参考情報のとおりです。
(参考情報)営業費用の主な内訳(単位:百万円)
事業運営費 3,180  
スタジアム運営関係費 1,001 「試合関連経費[スタジアム使用料、警備費、運営設営費]」、チケット手数料、広告宣伝費、JFA納付金、イベント費ほか
広告料関係費 740 バーター取引相当分、レッズランド向け広告宣伝費、広告代理店手数料、業務委託費ほか
グッズ関係費・その他事業費 1,297 商品原価、グッズ運営管理費、REX CLUB活動費、広報活動費ほか
ホームタウン関係費用 144 レディース活動費、ホームタウン活動費、ハートフル活動費
チーム運営費 3,991  
選手・監督・コーチ報酬 3,228 選手と指導者の報酬の総額(育成、レディース等含む)
トップチーム運営経費 602 移動関連費、施設関連費、寮関連費、代理人手数料ほか
育成(アカデミー)運営経費 77 移動関連費、施設関連費ほか
レディースチーム運営経費 84 移動関連費、施設関連費ほか
一般管理費 911 労務費、各種賃借料、業務委託費、Jリーグ年会費ほか
クラブ財産状況(単位・百万円)
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
総資産

1,549

2,015

3,136

3,180

3,141

総負債

760

828

1,619

1,623

1,522

純資産

789

1,187

1,518

1,557

1,619

資本金/資本準備金

160

386

386

386

386

  • 記載金額は百万円未満を四捨五入して表示しています。
クラブその他指標
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
J1リーグ年間順位 3位 2位 7位 5位 14位
YBCルヴァンカップカップ成績
(2015年度までヤマザキナビスコカップ)
準々決勝 優勝 準々決勝 プレーオフステージ 準々決勝
天皇杯成績 準優勝 4回戦 ラウンド16 優勝 ラウンド16
AFCチャンピオンズリーグ
(ACL)成績
グループステージ ラウンド16 優勝   準優勝
FIFAクラブワールドカップ
(FCWC)成績
    5位    
J1リーグ入場者数(人)

658,668

627,898

570,215

603,534

581,135

J1リーグ平均入場者数(人)

38,745

36,935

33,542

35,502

34,184

主催試合入場者数(人)

757,279

837,237

801,401

681,585

802,786

J1全クラブ平均年間収入
(百万円)

3,343

3,640

4,082

4,755

 
J1全クラブ平均入場料収入
(百万円)

712

742

804

804

 
J1リーグ全クラブ
平均入場者数(人)

17,803

17,968

18,883

19,064

20,751

  • 「主催試合入場者数」はJリーグ、カップ戦等主催試合の合計です

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ