MENU

トップチームトピックス

vs東京V 「原2得点で4回戦進出」

16日19時、埼玉スタジアムでの天皇杯3回戦。
先発はGK山岸、DF高橋・青山・濱田・山田暢。ワンボランチに小島、インサイドハーフに山田直と矢島(ユース)。右に原、左にマゾーラ。1トップはデスポトビッチが務めた。また、交代メンバーには大谷・岡本・高崎に加えて、野崎・西袋・新井といったユース所属選手が名を連ねた。
レッズのキックオフではじまった前半、圧倒的にボールを支配するものの、退いて守備ブロックを敷くヴェルディを崩しきれず。濱田・青山両センターバック間でのパス回しが多く、良い形で縦パスを入れられない。ファーストシュートは16分、エリア右角からの原の右足。43分には矢島が1人かわして強烈な右足ミドルを放ち、バーを直撃する場面も。この直後に自陣右サイドに起点を作られ、最後は決定的な形でヘディングシュートを許すもシュートミスに救われ、0―0でハーフタイムを迎える。
後半、メンバー交代なく臨んだレッズに対し、ヴェルディはFWを投入。キックオフ直後にはロングボールから代わって入ったマラニョンに山岸との1対1を許してシュートを浴びるが、これは山岸が体に当てて防ぐ。その後は、前半とは打って変わって攻守が激しく入れ替わる展開となる。
55分には、デスポトビッチに代えて高崎がピッチへ入り、先制は約1分後。原が距離のあるところから左足で放ったシュートがゴール右のポスト内側をたたき、逆のサイドネットを揺すった。
63分には負傷した青山に代わって西袋がピッチへ入り、最終ライン中央で濱田とコンビを組む。しかしこの直後、カウンターから自陣左サイドを崩され、最後はゴールほぼ正面からフリーで決められて同点に。その後も攻勢を強めるヴェルディに対し、レッズは高橋に代えて岡本を右サイドバックへと投入する。
73分には左サイドバックを務める山田暢がオーバーラップ。右足でゴールに向かうクロスにディフェンスライン裏をついた原がダイビングヘッドで合わせるが、シュートは惜しくも枠を外れる。しかし85分、原はFKから勝ち越しゴール。エリアのすぐ外、ペナルティーアーク左脇でのFKを原が直接ゴール右へ。濱田・小島らが壁の前に膝立ちしてGKの視線を遮っていたため、原の右足シュートにGKは一歩も動けなかった。
その後、4分間のアディショナルタイムを含め、ヴェルディの猛攻を選手は体を張って跳ね返し、2-1での勝利をつかんだ。
次のゲームは19日(土)、J1第32節。ホームで14時からのベガルタ仙台戦。なお、天皇杯4回戦は12月17日(土)、キックオフ時間と場所は後日発表。サンフレッチェ広島を破った愛媛FCと対戦する。

原 一樹
「チームが勝って、トーナメント戦で次に進めたことがチームにとってプラス材料になったと思います。1点目は、結果的に僕が点を取りましたが、チームの得点です。僕がボールを持ったときに高崎が斜めに流れたことで、相手がつられてくれて、シュートコースが開きました。今日はチームとして大きな勝利をつかんだと思います」
(2点目はFKだった。壁の前に選手が並んだが?)
「あれは、その場のみんなのイメージでした。誰が蹴るかという中で、キーパーに見えないように直輝がうまく指示を出してくれた。僕は自信を持って蹴ると言いましたので、チームの勝利に貢献できて良かったです」
(前半はポゼッションが高かったがチャンスがなかなかなかった。焦りは?)
「前半はあれだけボールを回せていたので、相手のFWも疲れていた。あれがヴェルディにとってはジャブのように効いていて、最後きつくなったのだと思います」
(今日の勝利の意味は?)
「Jリーグの今の目標は残留です。そこは絶対です。今日は天皇杯でチャンスを与えられた選手たちがピッチで本当に頑張ったと思うし、こういう選手たちがJリーグのピッチでチームを救えるようになりたいです。残留のために一丸となって頑張りたいです」

山岸範宏
(水輝に指示を出すように言ったのは、山岸だったということだが?)
「誰かに伝えろと言ったんです。水輝が自分で壁に入るとは思いませんでした。あれ、かなり近かったですよね。(GKとしては)あそこでボールを隠されてしまったらかなり嫌だと思います。一樹のゴールにどれだけ効果があったかは分からない。でも自分たちの可能性を広げていかないといけないですから。結果はきれいなゴールになって、それが決勝点だったから良かったです。
あそこでファーの早いシュートというのも一つの可能性ですからね。誰が蹴るのかなと思っていましたが、一樹が決めてくれて良かったです」
(今日の勝利の意味は?)
「今日は一樹がクローズアップされる感じですが、普段悔しい思いをしているメンバーや、ユースの選手が、なかなか一緒にトレーニングを積む時間が長かったわけではない中で結果を出しました。それはユースの選手にとっても自信になると思うし、チームの底上げになると思います。チームが良い雰囲気で仙台戦に臨めるのではないかと思いますし、それが一番大きなことではないかと思います」
(今日のメンバーは)
「うちが(ヴェルディに対して)余裕を見せていたわけではないです。これでチーム仙台戦にしっかり勝つことが大事です。みんな、やらなきゃという気持ちになると思います」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

vs東京V 「原2得点で4回戦進出」 vs東京V 「原2得点で4回戦進出」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ