MENU

トップチームトピックス

vs新潟 プレビュー「リーグ戦ラスト3、ルヴァンカップ優勝の勢いで勝利を」

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節アルビレックス新潟戦は、10月22日(土)14時2分より、デンカビッグスワンスタジアムでキックオフされる。

浦和レッズは15日に埼玉スタジアムで行なわれた2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝でガンバ大阪を延長PK戦の末に下し、2003年以来13年ぶりの優勝を果たし、最高潮の流れに乗っている。

新潟戦は条件次第でJ1リーグ2ndステージ優勝が決まる可能性もある一戦。選手たちは気を緩めるどころかさらに集中力を高めて、大事な一戦に向かおうとしている。

新潟は前節終了時の年間勝ち点順位が14位。降格圏である16位のヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は2となっており、一瞬たりとも気の抜けない崖っぷちに立っている。ただ、第10節から第13節まで4連敗を喫していたが、前節は同じくJ1残留を争うジュビロ磐田に2-1と勝利を収め、土壇場での粘り腰を見せた。

レッズとのリーグ戦は、2006シーズンから20試合連続勝利なしと、対戦成績は圧倒的に分が悪いが、昨年のヤマザキナビスコカップ準々決勝ではレッズを下してベスト4進出を果たしたほか、リーグ戦に関しても試合内容に限れば決して悪いわけではなかった。左サイドバックのコルテース、ボランチのレオ シルバ、FWラファエル シルバが持つ個の能力は高く、中堅や若手日本人選手も豊富な運動量で勝ち点奪取へ執念を見せてくるだろう。

敵地に乗り込むレッズとしてはまず試合の入り方に注意したい。出足で押されることなく、球際や攻守の切り替え、運動量で相手を上回ることが必須となる。なおかつ、陣形をコンパクトに保ち、常に複数の選手がパスコースに顔を出しながら敵陣に迫っていけば、おのずとチャンスは作れるはず。あとは、好調なFW陣がフィニッシュに持ち込んでくれるはずだ。

今節でレッズが2ndステージ優勝を決める条件は、レッズが勝利したうえで、ステージ2位のヴィッセル神戸と同3位の川崎フロンターレがそろって引き分け以下に終わることだ。つまり3つの条件が整ったときのみステージ制覇が決まる。とあれば選手たちは当然のごとく、誰もが目の前の試合に集中している。

新潟戦がJ1リーグ501試合目となる阿部勇樹は「カップ戦で勝ち、2ndステージを制した勢いのあるチームが年間王座に就くと思う」と話していた。ルヴァンカップの初代ウイナーとなり、勝者のメンタリティーを刻み始めた赤き戦士たちが、2冠、3冠への歩みを緩めることはない。

「ALL COME TOGETHER! ~赤の情熱 すべてのおもいを胸に~」、みんなで栄冠へ前進していこう。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

vs新潟 プレビュー「リーグ戦ラスト3、ルヴァンカップ優勝の勢いで勝利を」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ