MENU

トップチームトピックス

vsサガン鳥栖「アウェイで攻め続けるも勝ち点を奪えず」

24日、Jリーグ第33節が行なわれ、浦和レッズはベストアメニティスタジアムにて、サガン鳥栖と対戦した。スタメンはGK加藤、DF坪井・山田暢・濱田、ボランチが啓太と阿部、アウトサイドの右が平川、左が宇賀神。2シャドーに梅崎とマルシオ リシャルデスが入り、トップには原口が位置した。出場停止の槙野に代わって左のセンターバックに入った濱田は、今シーズン開幕・サンフレッチェ広島戦以来のリーグ戦先発となった。
試合はサガンボールで14時35分、キックオフ。前半は立ち上がりからレッズが長くボールを保持。今シーズン、一貫して取り組んできたスタイルで、つなぎながら相手の隙をうかがっていく。
18分、25分には宇賀神、平川の好クロスがあり、32分にはその平川の右クロスからこぼれたところを宇賀神が右足で狙うが枠上へ。34分には原口が左足ミドルを見せる。優位な展開ながらスコアレスでハーフタイムを迎えるかと思われたが、45分、ペナルティーエリア右を突破され、最後は中央でサガン・豊田に押し込まれた。前半唯一といってもいい相手のチャンスを決められ、0-1で折り返す。
後半開始からは坪井に代わって野田がピッチへ。3バックの並びは右から濱田・山田暢・野田となった。人数をかけて守る相手を何とか崩そうと、重心を前にかけるレッズ。その影響もあって、相手にフィニッシュまで持ち込まれる場面も増える。それでも58分、左からのパスを受けた梅崎がペナルティーアーク右で思い切りよく右足を振り抜くと、強烈なシュートは相手GKの手を弾いて枠内左のネットに突き刺さった。だが63分、自陣に押し込まれ、エリア内右に放り込まれたシーンで、ヘディングでのクリアが短くなったところを、サガン・野田に直接蹴り込まれ再びリードを許す。
72分、平川に代わりポポが右アウトサイドのポジションへ。攻勢に出るレッズだったが、78分、相手陣内でボールを失い、カウンターを受ける。そして自陣右サイドからのクロスを豊田に再び押し込まれ、1-3となった。直後には原口→達也の選手交代。86分にはゴール正面やや右からの直接FKをポポが右足で狙う。シュートは枠内右下に飛んだが相手GKに弾かれた。
アディショナルタイムは4分。最後まで得点を奪いに攻め続けたレッズだったが、終了間際、右クロスからのマルシオのフィニッシュも決まらず。試合は1-3のスコアで敗戦となった。
次戦は今シーズンのリーグ戦最終節。試合は12月1日(土)15時30分から、ホームの埼玉スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦となる。

梅崎 司
「立ち上がりから自分たちのペースで試合運びができましたし、内容もすごく良いわけではないですが、それなりにできたと思います。
ただ、相手の一発で失点してしまいました。もったいないゴールでした。同点に追いついてからも2失点して、本当に、自分たちで落としてしまった試合だと思いますし、もったいない試合でした」
(自身のゴールは?)
「一度、流れはこっちに戻せたと思います。イメージとは少し違いましたが、良い軌道でした。相手が前にいて少し、間合いもありましたし、練習していた形でした。
ただ、そこからまた失点してしまったので、もったいなかったです。ロングボールに競り負けるのは仕方がないとしても、そこのセカンドボールの部分で相手が上回っていました。自分自身も2点目、3点目を取るチャンスもありましたし、そこを決めきれる選手にならないといけないと思います。
まだまだACLのチャンスもあります。チャンスがある限り、チーム全員でそれを目指していきたいです。次節はホームでの最終戦ですし、また切り替えて一つになってやっていきたいと思います」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

vsサガン鳥栖「アウェイで攻め続けるも勝ち点を奪えず」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ