MENU

トップチームトピックス

2ndステージ 第13節 vs鳥栖 興梠の3試合連続ゴールも、試合は1-1のドロー

10月3日(土)、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 サガン鳥栖戦が、16時4分より埼玉スタジアムで行なわれた。前半に興梠が3試合連続となるゴールを決めたものの、その8分後に同点に追いつかれ、最後まで勝ち越し点を目指して戦ったが、最終的に1-1のドローで試合を終えた。

レッズは、那須が前節の出場停止から復帰し、3試合ぶりに森脇、那須、槙野の3人で3バックを形成した。GKに西川、ダブルボランチは柏木と阿部、左右ワイドに関根と宇賀神、2シャドーは梅崎と武藤、1トップには興梠というメンバーで、試合は鳥栖ボールでキックオフされた。

守備時は5バックでレッズの攻撃を待ち構える鳥栖に対して、レッズは少し遠目からでも積極的にシュートを放って相手を押し込んでいった。14分には柏木、18分には阿部がミドルシュートを放つなど自分たちのリズムで試合を進め、相手陣内でプレーする時間帯が続いた。そして23分、柏木のクロスから那須を経由したボールが武藤のもとへ。その武藤がシュートを放ったこぼれ球を興梠が押し込んでレッズが1-0と先制した。

しかし31分、左サイドをドリブルで仕掛けてくる鳥栖の吉田に対して、マークの寄せが甘くなったところを振り切られてシュートを打たれてしまう。西川が懸命に足で触って防ごうとするが、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いつかれてしまった。

その後も、サイドからの折り返しに興梠や梅崎がフィニッシュまでつなげるが、得点には至らず。42分には相手GKのキャッチミスに反応した槙野がバイシクルシュートを放つが、これも僅かにゴールの右に外れ、前半を1-1で折り返した。

後半もシュート数で勝るレッズだが、あと一歩のところで決め手を欠くもどかしい時間が続いた。56分には関根に代えてズラタンを投入。1トップにズラタン、興梠がシャドーに下がり、右ワイドに梅崎が入って勝ち越し点を狙っていった。65分にはカウンターから武藤が裏に抜け出してシュートを狙うが、これも枠を捉えられず。逆に鳥栖に裏を取れて、GKと1対1となるピンチを招いた場面もあったが、これは西川がファインセーブを見せてゴールを死守。鹿島戦に続き存在感を示した。

73分には那須に代えて青木を投入。84分には梅崎に代えて、直近の3試合で2得点と好調を維持する高木をピッチに送り出してゴールを狙っていった。

アディショナルタイムは4分。リスクを負って攻撃に人数を掛けるレッズは、武藤のバー直撃のヘディングシュートなどで得点を狙っていくが、なかなかゴールを割ることができない。逆に鳥栖の鋭いカウンターから一気にゴール前までボールを運ばれるなど、最後まで緊張感のある試合となったが、ここで試合終了のホイッスルとなった。

次戦は、10月17日(土)14時より万博記念公園陸上競技場で行なわれるガンバ大阪戦に臨む。これまで記憶に残る勝負を繰り広げてきた対戦なだけに、リーグ終盤での注目の一戦となるが、アウェイでしっかりと勝ち点3を獲得し、残りの試合に弾みをつけていきたい。

【槙野智章】
「試合の序盤から自分たちがボールを保持しましたが、先制後に追いつかれた展開になりました。後半もゴールを奪いにいきましたが、それができず、勝ち点1に終わったことは残念です」

(失点シーンについては?)
「自分たちがやられるときは、カウンターとミスがらみとセットプレーです。その中で、失点した場面は、これまでにも似たようなケースがありましたので、そこはしっかりと修正していきたいです」

(2ndステージ優勝に向けてのプレッシャーは?)
「プレッシャーは無いと思います。自分たちは追う立場ですし、残り4試合、勝つだけです」

(日本代表については?)
「個人的には、前回の代表をケガで離脱しています。今回も選んでいただけたということで、しっかりピッチに立てるように準備したいです。相手もいいチームだと思いますし、アウェイの難しさはあると思いますが、チーム一丸となって、いいゲームをしたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

2ndステージ 第13節 vs鳥栖 興梠の3試合連続ゴールも、試合は1-1のドロー 2ndステージ 第13節 vs鳥栖 興梠の3試合連続ゴールも、試合は1-1のドロー 2ndステージ 第13節 vs鳥栖 興梠の3試合連続ゴールも、試合は1-1のドロー

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ