MENU

トップチームトピックス

1stステージ 第3節 vs福岡 エース興梠が2ゴール、完封でリーグ戦ホーム初勝利

12日、浦和レッズはホームの埼玉スタジアムで、明治安田生命J1リーグ 1stステージ第3節、アビスパ福岡との一戦に臨んだ。

スタジアムに足を運んだ2万7,946人が見つめる中、レッズは興梠の2ゴールでリーグでのホーム初勝利を挙げ、ファン・サポーターと喜びを分かち合った。そしてこの勝利はレッズにとって、J1ホーム通算200勝目となった。

レッズのメンバーは、GKに西川、3バックは右から森脇、遠藤、槙野。ボランチは柏木と阿部、両ワイドは右に今シーズン、リーグ初出場となる梅崎が入り、左は関根。李、武藤の2シャドー、興梠の1トップという布陣となった。

選手入場後には、2011年3月11日に発生した東日本大震災で犠牲となられたすべての方々に対し、追悼の意を表して、黙祷が捧げられた。

試合開始から、レッズはテンポのよいパスワークから、相手ディフェンスの裏へのパスや、両ワイドを起点にした攻撃で福岡を押し込み、何度もチャンスを作っていった。カウンターを受けそうな場面でも、守備陣が素早い対応でピンチの芽を摘み、落ち着いた試合運びでペースを握った。

いい流れの中で18分、右サイドから森脇が左足で逆サイドへ展開し、ファーサイド、ライン際まで走り込んだ関根がダイレクトで折り返し、興梠が相手と競り合いながらゴール右に流し込んで得点。エースの今シーズンリーグ初ゴールで、レッズが幸先良く先制した。

レッズはその後も、自陣で守備を固める福岡に対し、ボールをつなぎながら主導権を握り続けた。前半終了間際にはウェリントンにポストを叩くヘディングシュートを許すが、福岡のチャンスはこの1回のみ。前半はレッズが1-0とリードして終了した。

後半も序盤から、李や武藤が立て続けに惜しいシュートを放ち、レッズが攻勢を仕掛けた。そして51分、自陣CKのクリアボールをつないでカウンターを仕掛け、左サイドからの梅崎のクロスを、ゴール正面の興梠がワントラップから左足ボレーで決め、追加点を奪った。

試合を優位に進める中、ミシャ監督は64分に、柏木と李に代えて青木とズラタンを送り出した。青木は中盤の守備で、ズラタンは前線の起点となって、ゲームを引き締めた。さらに84分には武藤に代わり、埼スタデビューとなる駒井をピッチへ。駒井は得意のドリブルでゴールに迫るなど、積極的なプレーを見せた。

終盤は相手のセットプレーが増えたが、選手たちの身体を張った守備でゴールを守り、試合はそのまま終了。今シーズンのホーム初勝利に、完封で花を添えた。試合後には、「We are Diamonds」が、スタジアムに響き渡った。

次戦は、16日(水)20時30分(日本時間)から、中国・広州の広州天河体育中心で行われる、AFCチャンピオンズリーググループステージMD3、広州恒大戦。敵地の厳しい環境での試合となるが、今日の勝利を勢いに変えて、グループステージ突破のために勝ち点を奪いたい。

【興梠慎三】
「ホーム開幕戦でふがいない試合をしてしまったので、教訓を生かして、今日の試合では勝ち点3を目指しました。今日は自分のゴールで勝ち点3を得られて、非常に嬉しく思います。

今日は先に点を取れたので、自分たちの流れで試合を進められると思っていました。90分間を通して、いい内容の試合だったと思います」

(先制点のシーンについては?)
「自分のゴールというより、それまでの崩しがすごく良かったです。もう少し、前線3人のコンビネーションの精度を上げたら、もっと点を取れたと思います。でも、今年に入って、一番いいシーンだったかなと思います」

(2点目については?)
「チュン(李)がニアで潰れてくれて、そこにDFが引きつけられたので、マイナスのところが空いていたので、そこに走り込んだら、ウメちゃん(梅崎)がいいボールをくれました。

つぶれ役というのはやっぱり大事だと思います。DFは一人ついていたけど、ファーにいくと見せて下がったら、はがすつもりはなかったけどはがれました。チュンが抜けたところで受けようと思っていたら、ウメちゃんはそこに出したかどうかわからないですが、凄く良いボールが来ました。

冷静に流し込むだけでしたし、相手に少し当たりましたけど、入って良かったです」

(クロスへの入り方は工夫している?)
「代表合宿で、ハリルホジッチ監督から、もっと中に入っていくように言われていました。今日は相手の裏も狙うようにしていましたし、クロスが上がるときには、確実に自分が中に入っている体勢を作っていました。そういう意味で、自分のところにきたのかな、と思います」

(ハリルホジッチ監督が視察に来ていたが?)
「合宿の帰り際、『次の試合で点を取れ』と言われていました。それが実現できて、嬉しかったです。でも、代表も大事ですけど、自分にとっては浦和レッズで結果を出すことが一番大事ですから、まずは次の試合に向けて切り替えて、がんばっていきたいです。

湘南戦は勝たないといけない試合ですし、その前にはACLもあります。全部勝てるように、がんばりたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

1stステージ 第3節 vs福岡 エース興梠が2ゴール、完封でリーグ戦ホーム初勝利 1stステージ 第3節 vs福岡 エース興梠が2ゴール、完封でリーグ戦ホーム初勝利 1stステージ 第3節 vs福岡 エース興梠が2ゴール、完封でリーグ戦ホーム初勝利 1stステージ 第3節 vs福岡 エース興梠が2ゴール、完封でリーグ戦ホーム初勝利

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ