MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 京都戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第20節 京都サンガF.C.戦【MATCH PARTNER アールディーシー】 試合後のコメント

「今日は2つくらい、アクシデントがあったと思っています。PKで先制した後に2つ目のPKがありましたが、前半を2-0で折り返せませんでした。そして失点の場面です。1失点目をした後、すぐに2失点目をしてしまいました。そこは改善しなければいけない部分です。ただ、チームは逆転された後もしっかりと立ち上がり、自分たちが何をすべきかを、しっかりとやってくれたと思っています。縦のスペースをうまく見つけながら攻撃をできていたと思いますし、そこからチャンスもいくつかありました。相手にうまくダメージを与えながらチャンスを作れたと思っています。決定的な場面は、松尾(佑介)のクロスバーに当たったシュートであったり、江坂(任)のシュートが上福元(直人)選手にセーブされてしまったところであったり、いくつかはそういうところまで持ち込めていたと思っています。

今回の試合で心配すべき原因というと、今回のこういう内容で勝ち点3を取れなかったことだと思っています。PKが2本もあって、ゴールに入ってもおかしくないようなチャンスもいくつかある中で取れなかった、というところがありました」

[質疑応答]
(今日は明本考浩選手を前半で交代させたが、戦術的な要素か、疲労の調整か?)
「試合では違和感を抱えながらやっていました。筋肉系のところもありましたので、彼を交代させました。彼自身はすごくいいパフォーマンス、ハードワークをしてくれたと思っています。前半、松尾と明本はいいプレーをしていたと思います。いい状態であれば試合を続けていたと思いますが、そうした事情があって交代をしました」

(今日は2人しか交代させなかったが、終盤にだいぶ疲れているダヴィド モーベルグ選手などを代えられなかったのは、何か事情があったのか?)
「デイビッド(ダヴィド モーベルグ)もそうですけど、松尾も疲労が見えていたと思います。ただ、あの時点でチャンスを作っていた選手たちでもありますし、得点を何としても取らないといけない状況だったので、彼らの力が必要でした。セットプレーでもいいキッカーであり、FKなどでゴールする可能性もあったので、疲労の色は見えていましたが、彼らの力に懸けました」

(今日は走る、闘うなど、オープンな状態でできる選手を先発に並べていた。もう少し暑くなる想定をしていたかもしれないが、ボールを持てる選手をベンチに残して試合の最後をコントロールしたい意図も感じられた。うまくいった部分や予想外になった部分は?)
「縦の推進力を生かそうと思っていました。その部分で、相手の背後のスペースをうまく使えていたと思っています。実際にチャンスもそうした形でいくつか作れていました。ただ、最後に決めきることができませんでした。暑さは考えていなくて、とにかく我々は、京都が何をされたら嫌なのかを狙っていました。背後のところでチャンスを作れると思っていたので、今回は縦に行くところを考慮して構成しました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

リカルド ロドリゲス監督 京都戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ