MENU

トップチームトピックス

セーラーズ戦 試合後公式会見

AFCチャンピオンズリーグ2022 グループステージ MD5 ライオン・シティ・セーラーズ戦 試合後のコメント

【リカルド ロドリゲス監督】
「この試合で一番重要なことは勝利することでしたが、その次にゴールを取ることでした。次のステージに進むためにゴールを取ることが大事な状況で、もっと決められたチャンスはありましたが、しっかりといいゴールもたくさん生まれましたので、非常に良かったと思います。短い期間でタフな大会ですが、しっかりといい雰囲気の中で戦えていると思います」

【小泉佳穂】
「非常に厳しい環境、高い気温と高い湿度の中での試合でしたし、タフで厳しい試合になりましたが、チームとしても個人としてもゴールが生まれて、次につながるいいゲームだったと思います」

[質疑応答]
(本日の試合は勝利すること、大量得点することでパーフェクトと言える試合だったと思うが、以前の試合と比較するとどういった違いがあったのか?)
リカルド ロドリゲス監督
「前回の試合も攻撃でいい形はありました。ポストに当たるシーンがあるなど、チャンスはつくれていたと思います。試合によってはチャンスが多い日、あまり多くない日がありますが、違いは何かというと決定力だと思います。しっかり決めきれたかどうかということが、唯一の違いだったと思います」

(大邱FC戦と今日の試合ではどのような違いがあったのか?)
小泉佳穂
「大邱FC戦よりも個人的には自由に、いろいろな場所でボールを触る機会が多く、自分自身のリズムもつくりやすい中で、いかにゴールに絡むかというところが課題でした。そこにこだわってプレーした結果、ゴールとアシストという形が生まれて良かったです」

(ゴールとアシストがテーマだということでしたが、本日の活躍によってラウンド16に進む可能性が大きくなったと思う。チームの結果に貢献できたことをどう感じているか?)
小泉佳穂
「非常にタフな環境、タフな日程の中、チーム全員の力が必要になる大会ですし、大邱FC戦から入れ替えたメンバーで勝てたこと、個人としてもゴールを決められたことはチーム力の底上げになると思いますので、そういった意味でも良かったです。まだどうなるか分かりませんが、ラウンド16に進めるように、チーム一丸となって努力していきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

セーラーズ戦 試合後公式会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ