MENU

トップチームトピックス

興梠慎三「ファン・サポーターの期待に応えるゴールで、勝ち点3を取る」

12日(土)、浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムで明治安田生命J1リーグ1stステージ第3節、アビスパ福岡戦に臨む。前節で痛い敗戦を喫したチームにとって、何よりも欲しいものは勝ち点3という結果。そのために、彼に懸かる期待は大きいだろう。前線でゴールを狙う興梠慎三は、前節の反省を生かし、引いて守る相手を崩して得点し、勝利するイメージを高めていた。


「福岡は磐田よりも引いて守ってくると思いますし、磐田戦より難しい試合になると思いますが、失点しなければ、たぶん自分たちがボールを支配して、ゲームを運べると思います。失点すると怖いチームだと思うので、失点ゼロでいきたいです。

試合序盤は、もしかしてチャンスというチャンスは、セットプレーくらいしかないかもしれませんが、そこをしっかりものにしたいです。先制点は重要になると思います。

磐田戦では少し引きすぎていたので、シャドーで出たら、前で張っておくというイメージも必要かと思います。どこで出るかはまだ分からないですけど、トップで出れば、自分の持ち味である、ペナルティーエリア内での勝負をどんどんやっていきたいです。そろそろ点を取って、チームに貢献したいです。

相手が引いていても、中で一回ワンタッチプレーが入れば、外もフリーになると思います。全部が全部、ロングボールで外に行っていると、相手にも読まれますので、その使い分けがすごく重要だと思います。中で崩すことによって、相手が一番崩れると思いますが、磐田戦では中でのワンタッチプレーがなかったと思います。チャンスというチャンスが全くと言っていいほどなかったので、3人でのコンビネーションは、もっと精度を上げてやっていかないといけません。

また、裏に抜ける動きも、意識したいです。前の試合では、それがなかったので、うまく守られていたという感じがありました。1トップに入れば、そういう動きもどんどんやっていきたいです。

ホームでは、勝つことが一番大事です。チームのために、一人一人が攻守共に、やっていかないといけないと思います。誰が点を取ってもいいですが、勝ち点3を取れるようにやりたいです。しかし、ファン・サポーターが自分に求めているものは、ゴールだと思います。その期待に応えて、勝ち点3を取れたら、すごく嬉しいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

興梠慎三「ファン・サポーターの期待に応えるゴールで、勝ち点3を取る」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ