MENU

トップチームトピックス

石原直樹「自分らしいプレーで、チャンスをものにする」

22日(日)、浦和レッズはサンフレッチェ広島と明治安田生命J1リーグ 1stステージ第3節のアウェイゲームを戦う。昨季まで広島に在籍していた石原直樹にとっては、レッズのユニフォームに袖を通してから初めての古巣対決となる。石原は似た戦術で戦う両チームの違いを踏まえてゲームを展望しつつ、結果を残してチームに貢献すると語った。

「サンフレッチェ広島の選手たちは、昨年一緒にやっていたメンバーなので、対戦相手としてできることはすごく楽しみですが、チームの結果にはこだわってやっていきたいと思います。お互いに知っているからこそ、やりやすさもやりにくさも両方あると思います。ただ、しっかりゲームに入れば問題はありません。変に自分にプレッシャーを掛けず、チャンスが来たときには、しっかりものにできるようにしたいと思います。

レッズと広島は似たやり方のチームですが、『チームとしてこうやろう』という意識はレッズの方が強いです。自分としては、プレーしていてまだ微妙なズレを感じています。戦術が一緒でも、一人一人のプレースタイルが違うので、早く理解することと自分のことをもっと分かってもらうことが必要です。レッズの選手たちは、個のレベルが非常に高いので、そこに加えてコンビネーションや連係の部分で質が上がれば、さらに脅威になると思います。

守備については、浦和の方が前から行く意識が強いです。広島はしっかりブロックを作って守り、そこからのショートカウンターを狙い、駄目だったらやり直すチームです。基本的に、後ろの選手たちが上手いので、フリーにさせてしまうと自由にやられてしまいます。自分たちがどんどん圧力をかけていきたいと思います。

広島でのゲームですしブーイングはあると思いますが、仕方のないことですからあまり気にしません。僕自身、早くチームに認められるように結果を出していかなくてはいけないと思いますから、どんどん試合に出て、自分らしいプレーを出していきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

石原直樹「自分らしいプレーで、チャンスをものにする」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ