MENU

トップチームトピックス

矢島慎也「ゴールに絡むプレーをしたい」

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ、浦和レッズは前節のアルビレックス新潟戦で苦しみながら勝利を収めたが、後半途中出場し、前線で動き回り、アクセントになるプレーを見せたのが矢島慎也だ。第3節のヴォルティス徳島戦ではゴールも決め、同大会の23歳以下の選手を対象にした『ニューヒーロー賞』でも得票上位に入る若きアタッカーに、明日のゲームへの思いを聞いた。

「甲府には守備が堅いチームというイメージがあります。そういう中で自分が出場すれば、積極的にシュートを打つことが大事だと思います。同時に、パスを出した方が良いのかどうかという判断もしっかりしたいです。良いところに顔を出してボールを受けて、散らしていければいいと思います。ただ、散らすだけでは駄目ですから、最後はゴール前でゴールに絡むプレーをしたいです。良い場面があれば、遠目からシュートを狙うこともしていきたいと思います。

甲府はリーグ戦でも良い守備をしていましたし、ボールを失った後に自分たちがしっかりと切り替えて前から守備に行くことや、後ろがリスクマネジメントをすることが大事です。それができていなければやられてしまうと思うので、自分たち次第です。

今、ニューヒーロー賞の候補に上がっているのは、正直ちょっと驚いています。今まで決勝に残って、かつ試合に出ている選手が選ばれていると思うので頑張りたいです。徳島戦でのプレーは結構良かったと思うので、またああいうプレーをしたいです。

ずっと試合に出ているときと比べれば、もっとできると思っているので、今はまだまだです。原口君の移籍が決まりましたが、同じユース出身ですしプレーを見て学んでいました。僕のプロ初ゴールはナビスコカップのセレッソ戦(2012年4月18日)で、原口君のパスから決めました。個人的には、ここでやらないといけないと思っていますし、そういう思いでプレーしたいです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

矢島慎也「ゴールに絡むプレーをしたい」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ