MENU

トップチームトピックス

混戦の中、連勝でさらに上位へ

首位との大一番となった8月3日のサンフレッチェ広島戦を、見事な試合運びで勝利した浦和レッズは、8月10日(土)にリーグ第19節・名古屋グランパスとの一戦を迎える。試合はアウェイ・豊田スタジアムで19時にキックオフされる。
前節の広島戦は、開始5分に興梠が柏木のFKを頭で合わせて先制点を挙げ、試合を優位に運んだ。レッズは、3バックが広島の前線3人を徹底的にマークして抑え込み、この試合で負傷から復帰した啓太と阿部のダブルボランチも、素晴らしいカバーリングを見せて安定した守備を展開した。28分に原口、55分に興梠が追加点を奪い、終了間際に1点を返されたものの、ホーム・埼玉スタジアムで3対1の完勝を収めた。「広島戦のような試合ができればどんな相手にも負けることはない」と、試合後に多くの選手たちが口にする、自信を深める一戦となった。
レッズは名古屋と第2節のホームゲームで今季初戦を戦った。ホーム開幕戦となったこのゲームは、5万人を超えるファン・サポーターの大声援をバックに、興梠のポストプレーから宇賀神が決めた1点を守り切り、1-0の勝利を収めている。
対戦相手の名古屋はリーグ中断明けの7月以降は5勝1敗で、現在4連勝中の勢いがあるチームだ。5月には5連敗を喫するなど苦戦していたが、8勝3分8敗と、5分の星まで戻してきた。ドラガン・ストイコビッチ監督が指揮を執り、能力が高い選手がそろう強豪チームだ。
前線には194cmの長身FWケネディが位置し、ロングボールの的になっている。2トップを組み、ケネディの周囲を動き回る玉田が4試合連続ゴールをマークしていることからも、セカンドボールへの対処もこの試合のキーポイントとなるだろう。また、ケネディに加えて191cmの増川、185cmの闘莉王とダニルソンがゴール前に飛び込んでくるセットプレーも脅威だ。レッズとしては、マークを徹底することはもちろんだが、FKやCKを与える回数を減らすことでもピンチを未然に防ぎたい。
リーグ首位の広島から4位の大宮までが勝ち点差4にひしめく中、首位と勝ち点差2で3位のレッズにとって、混戦のリーグ戦で上位争いから抜け出すためにも勝利が欲しい一戦だ。
過去の対戦を見ればリーグ戦ではここ3シーズン負けが無く、相性の良い対戦相手だと言えるだろう。また、チーム内得点王であり、推進力あふれるドリブル突破と正確なシュートでレッズの攻撃を支える原口元気にとっては、2009年に公式戦初ゴールを決めた思い出の地だ。若きアタッカーのレッズの勝利を決定づけるゴールにも期待したい。
レッズにとっても磐田戦、広島戦と連勝した後に臨む一戦であり、勢いではヒケを取らないだろう。選手たちも「継続が大事」と、気を緩める気配はない。夏本番の猛暑を迎える中、爽快感溢れるレッズのサッカーで暑気払いといきたいところだ。アウェイゲームとなるが、大きなサポートで選手を後押ししていこう。
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:DM)】

混戦の中、連勝でさらに上位へ

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ