MENU

トップチームトピックス

武藤雄樹、J1リーグ通算200試合出場達成!

3月30日、明治安田生命J1リーグ第5節 FC東京戦の出場で、武藤雄樹がJ1リーグ通算200試出場を達成しました。

これは294人目の達成となり、現行の試合数で考えると、日本のトップリーグで約6年毎試合に出場し続けなければ達成できない記録となります。

武藤は、神奈川県座間市出身。武相高校から流通経済大学を経て、2011年にベガルタ仙台に加入しました。リーグ5試合の出場だった1年目から徐々に出場数を伸ばし、4年目には30試合出場4得点とその時点でのキャリアハイを達成した後、翌2015年に浦和レッズへ完全移籍しました。以来、攻守に欠かせない選手として、年々その存在感を高めています。

2016年のルヴァンカップ、2017年のAFCチャンピオンズリーグ、2018年の天皇杯でタイトル獲得に大きく貢献したほか、昨シーズンの鹿島アントラーズ戦で見せた3人抜きからのゴールなど記憶に残る得点も見せてくれています。今後も背番号9のFWの活躍に期待が高まります。



【武藤雄樹コメント】
「200試合出場ができましたが、仲間やスタッフもそうですし、何よりファン・サポーターのみなさんに応援されているから、ここまで来られたと思っています。本当に感謝していますし、幸せなことです。これからも、もっともっとプレーしたいと考えているので、今後もがんばります」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ