MENU

トップチームトピックス

森脇良太「運動量にこだわり、球際で戦い、規律を持ってプレーしていく」

約2ヵ月の中断期間が終わり、明日19日(土)のアルビレックス新潟から再びJリーグの戦いが始まる。明るいキャラクターで、試合になるとガッツ溢れる積極的な攻撃参加とタイトなマークが持ち味の森脇良太に、ホーム・埼玉スタジアムで迎えるリーグ再開初戦に向けての思いを聞いた。

「これまでの中断期間で多くの厳しいトレーニングをやってきましたが、その成果を発揮できるようにやっていかなくてはいけないですし、良い結果を出すことで良いキャンプだったと言えるようにしていきたいと思います。

新潟は非常に球際でハードワークし、運動量豊富な規律のあるチームです。まずは走り負けてはいけません。そうなってしまえば、後手を踏んでゲームを難しくしてしまいます。アウェイのナビスコカップのゲームで僕たちは勝利しましたが、非常に厳しい戦いだったのは確かです。僕らのホームゲームで相手の方が多く走っているようでは問題ですから、まずは運動量にこだわってプレーしたいと思います。それができれば、人もボールも動いて見ているサポーターをワクワクさせるプレーができると思います。

レッズと対戦するチームは、たくさんのサポーターが来る埼スタで勝ってやろうという、どのチームとの対戦よりも強い意気込みでやってきます。そうした相手に対して、付け入るスキを与えないようにしたいです。試合開始のホイッスルから全力で相手に自分たちのプレーを見せつけなければいけないと思っています。運動量多く、球際で戦い、規律を持ってプレーしていきます。

サポーターの皆さんで埋まる埼スタでプレーできるのは選手冥利に尽きることです。ホームで良いゲームをして、色々な方に「楽しかったからレッズのゲームを見に行こう」と誘いたくなるくらい良いプレーをしたいです。子供たちも夏休みになる時期ですし、親御さんと一緒にスタジアムに足を運んでくれると思います。こういう時に良いゲームと良い結果を残したいという気持ちがありますから、とにかく一生懸命戦いたいと思います」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

森脇良太「運動量にこだわり、球際で戦い、規律を持ってプレーしていく」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ