MENU

トップチームトピックス

柏木陽介「攻守の切り替えを早く、やるべきことをしっかりやる」

12日(土)、浦和レッズは今季の後半戦の幕開けとなる天皇杯2回戦・浦安SC戦を浦和駒場スタジアムで戦う。天皇杯は国内三大タイトルの一つであり、優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグの出場権が与えられる大会の大事な初戦だ。チームにとって久々となる公式戦に向けて、チームのリズムをコントロールし、左足からの長短を織り交ぜたパスで決定機を作り出す柏木陽介が意気込みを語った。

「明日は普通にできることをやっていきたいと思います。しっかりと点を取れる場面で取っていくだけです。相手がどんなチームでも攻守の切り替えを早くやらないといけないし、次週のリーグ戦のためにもそういった意識づけが必要です。ゆったりとした試合をするのではなく、しっかりとやることを大切にしたいと思います。

前線の組み合わせは監督が判断することですが、チュン君(李)はトップもシャドーもどちらもできるタイプで、(興梠)慎三は完全にFWという感じがします。試合の流れの中でポジションチェンジをするのは問題ないと思いますし、2人が2トップのような形になって自分がトップ下のような形で後ろからサポートする時間帯があっても良いと思います。距離感は良くなると思いますし、コンビネーションが多くなるようにしていきたいです。そういったことも試合の中でやっていきたいですね。

オフ明けのゲームはいつも久々になりますし、何年もプロの選手としてやってきていますから特に意識はしていません。天気も暑くなると思いますから、その中でどれだけやれるのか、厳しい時間帯にチームとして何ができるのかを一人一人が意識してやっていきたいです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

柏木陽介「攻守の切り替えを早く、やるべきことをしっかりやる」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ