MENU

トップチームトピックス

広州恒大戦 試合後公式会見

AFCチャンピオンズリーグ2019 ノックアウトステージ 準決勝 第1戦 広州恒大戦 試合後のコメント

【大槻 毅監督】
「まず、ここでこういう雰囲気を作ってくれたファン・サポーターのみなさんに感謝したいと思います。また、いいパフォーマンスを見せてくれた選手に、非常に感謝しています。ただ、今日のいいパフォーマンスは、まだ決勝に確実に行けるということを保証してくれるものではないので、また2戦目に向けてがんばりたいと思いますし、2戦目まではまだ少し時間がありますので、直近の次の試合に向けて、また選手と一緒にがんばりたいと思います」

[質疑応答]
(結果だけでなく、非常にすばらしい内容にもおめでとうと言いたい。Jリーグではこういうすばらしい内容のプレーをしながら、途中から急にトーンダウンしてしまう試合が非常に多かった感じがするが、AFCチャンピオンズリーグでは1試合いいパフォーマンスが続くという内容が続いていると思う。どこに違いがあるのか?)
「教えてください(笑)。選手たちとそこにチャレンジもしていますし、選手たちとも共有して、そこは我々の誇れるところだと思っています。ただ、チャンピオンズリーグという舞台が選手たちにとってものすごくモチベーションであり、またこのスタジアムの雰囲気も含めて、ものすごい舞台だということを我々の選手は知っているし、だからといって他のところが低いとは全く思ってはいないんですよ。普段からそれはみんなで話をしていますけど、だからこそ次の週末にまたトライして、続けていきたいと思います」

(今日は広州恒大が3バックをぶつけてきたと思うが、試合前の時点でそれをどれくらい予想していたのか?また、始まってから相手がリスペクトしてくるような試合の中で、どういうところがゲームの中で大事になると思ってやっていたのか?)
「一つ目の質問に関しては、想定内です。二つ目に関しては、ゲームの流れの中で、よく選手が対応してくれた、ということだと思います」

(青木選手が下がって、槙野選手をタッチライン沿いに開かせて、左肩上がりみたいなやり方をしていたが、そこの狙いを話せる範囲で教えてほしい)
「すみません、全部終わってから話をさせてください。今日は話したくありません、ごめんなさい」

(第2戦があるので手放しに、というわけにはいかないと思うが、久々に埼玉スタジアムで公式戦の勝利をファン・サポーターに届けたということと、ベガルタ仙台戦以来となる無失点勝利というところについて、率直な思いをお願いできるか?)
「ここにいて仕事をするにあたって、そういう責任を負っていると思っていますし、つい先日もファン・サポーターのみなさんから熱い叱咤激励をいただいていますので、なんとかそういったことに対していつも応えたいと思っていますし、今日もすばらしい雰囲気を作ってくださったことに感謝しています。まだ第2戦もあるので、また喜んでいただけるようにがんばりたいと思います」

【関根貴大】
「僕は初めて(プレーヤー・オブ・ザ・マッチを)受賞することができて、うれしく思います。いいところにボールがこぼれてきて、それをしっかり決められたので、チームにとっても大きいゴールでしたし、次の試合に向けて、いいアドバンテージができたと思っています。このゲームを次にも生かせるように、自分たちのサッカーを貫き通して、勝ち進みたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

広州恒大戦 試合後公式会見 広州恒大戦 試合後公式会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ