MENU

トップチームトピックス

天皇杯3回戦で敗退

20日、浦和レッズは第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦・ザスパクサツ群馬戦を浦和駒場スタジアムで戦った。2006シーズンの第86回大会以来、8シーズンぶりの優勝を目指すレッズは7月12日の2回戦で浦安SCに8-2で勝利、群馬は栃木SCをPK戦の末に下して3回戦へ進出し、激突した。

レッズは先週末のサンフレッチェ広島とのリーグ戦からスタメンを9人入れ替えた。GKに西川、DFは坪井、永田、濱田。ダブルボランチを青木と那須が組み、右に関口、左に関根の両ワイド。1トップ2シャドーは李、矢島、山田の3人が組み、坪井がキャプテンマークを巻いた。サブではマルシオ リシャルデスが昨年11月2日のヤマザキナビスコカップ決勝戦以来のメンバーに入り、ユース所属の斎藤翔太も名を連ねた。

風がなくかなりの蒸し暑い空気に覆われた中、試合は19時4分にレッズボールでキックオフ。群馬はバックラインに5人、中盤に4人が並んでFWエデルを前線に残すブロックを作って守る姿勢を見せた。レッズは前半の半ばまで前線の動き出しとサポートが噛み合わずに攻撃が完結しない展開が続くが、徐々に前線が動き出しのタイミングをズラしながらボールを引き出し、そこからのダイレクトプレーで良い形の攻撃が増えていった。

30分には、左サイドを縦にドリブル突破した関根の折り返しを中央で李が合わせ、この試合最初の決定機を迎える。このシュートはGKのセーブにあったが、続く39分には李が山田とのワンツーで抜け出した所を倒され、レッズにPKが与えられた。これを李がゴール右へ決めて1-0と先制。残り時間も山田が後方からのボールを引き出して攻撃の起点となって攻め込んだが、追加点を奪うには至らずに1点差のままハーフタイムを迎えた。

後半は立ち上がりから圧倒的にレッズが攻勢を見せる。マイボール時にボランチの那須が高い位置を取ることで山田がフリーになる局面が多く生まれ、縦パスを受けた山田が前を向いて崩しにかかる場面が多く見られた。しかし、かなりの本数のシュートを打ちながらも得点を奪えずに時間が過ぎていく。

そして69分、相手FWダニエル ロビーニョに中央でキープを許し、後方から走り込んだ青木孝太に決められて1-1の同点と追いつかれてしまった。ミシャ監督は坪井と山田に代えて柏木とマルシオを投入。那須がバックラインに下がり柏木がボランチ、2列目にマルシオが入った。勝ち越しゴールを狙うレッズだったが、81分には相手右サイドからのクロスを那須がクリアしたボールがそのままダニエル ロビーニョに渡り、逆転ゴールを許してしまった。

直後に最後の交代カードとして阪野を李に代えてピッチへ。攻勢を強めるレッズはマルシオのミドルシュート、ゴール前での阪野のヘディング、那須のボレーシュートと立て続けに決定的なチャンスを作るが、シュートがことごとく相手GKのところへ飛んでしまう。90+4分のコーナーキックではGK西川も前線に駆け上がったが、柏木のキックに相手と競り合いながら合わせた青木のヘディングシュートも枠の外へ。試合はこのまま1-2で終了し、レッズは天皇杯3回戦で敗退となった。

次戦は中2日で23日(土)にJリーグ・第21節のFC東京と味の素スタジアムで18時30分にキックオフされるアウェイゲームに臨む。

【マルシオ リシャルデス】
「僕ら前線の人間に特に要求されることは、動き出しなどで相手にとっていかに怖い存在になるかだと思いますが、周りとの連携やスペースへの抜け出しを特に意識しました。非常に久々の試合でしたし、これからもそうですが、自分のコンディションを上げながらチームに貢献していきたいと思います。

スペースへの感覚や試合勘の部分では、これから出場していくことで馴染んでいくとは思うのですが、コンディション面について自分自身に厳しく要求しながら毎日の練習に取り組みたいと思います」

(シーズンはまだ続いていくが?)
「もう過ぎてしまったことはいくら言っても仕方がないですが、今日の敗戦というものを教訓にして、もう絶対に繰り返さないようにしたいです。自分たちの何が良くなかったかを練習で修正していくことで、取り戻すことができると思います。次のリーグ戦はとても大切な試合ですし、アウェイゲームであっても自分たちに必要なのは勝ち点3です。勝つことだけを考えていますし、その中で自分の力が求められる場面があれば100パーセントを出し切りますし、チームが勝つことだけを考えてやっていきます」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

天皇杯3回戦で敗退 天皇杯3回戦で敗退 天皇杯3回戦で敗退

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ