MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 G大阪戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第34節 ガンバ大阪戦 試合後のコメント

「最後の試合というところで、ファン・サポーターのみなさんがたくさん来てくださった中で、2-3ということで、非常に残念に思います。特に前半の内容に関して非常に複雑な思いもありますし、後半で少し修正して臨んだところはありましたけど、前半の出来がこのゲームをもったいないものにしたなと。あの1点と、その後の展開でオープンになって、行って来いみたいなところでああいうゲームになってしまったので、非常にもったいなかったなと思っています」

[質疑応答]
(ホームでなかなか勝てなかったことがJリーグでは痛かったと思うが?)
「おっしゃる通り、ホームで勝てなかった、というところだと思います。清水エスパルス戦から勝っていないですし、川崎フロンターレ戦をやって、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)のファイナルもあって、そこまでいくと、夏場にサガン鳥栖に勝ったのはありましたけど、開幕からホームでなかなか勝てないという状況が続いて、そこはその通りだと思います。

今日は先に点を取られて追いかけるような展開でした。清水戦のときもそうでしたけど、先に取られて、という展開が多かったと思っています。そこのゲームコントロールは残念なところですけど、ただ今日の前半に関してだけ言えば、ゲームのコントロールというより、攻撃になってボールを持って、『え、失っちゃうの?』みたいなシーンがあまりにも多くて、それがマッチアップの問題なのか、それとも個人のところでしっかりボールをスクリーンしたりだとか、しっかり次につなぐであるとか、取られないとかいうところが、事実として表現できませんでした。そういった部分を後半になって修正して、追いついたゲームがあったこともたくさんありましたけど、そうではなく、最初から行けるようなところが必要だったと思っています。

あとはシーズンを通して、これはみなさんももちろん分かっていることだと思いますけど、今日もペナルティーボックス付近でボールを奪ったり、あそこに対してボールが配球されたところで、最終的なシュートが枠に飛ばないだとか、最後の得点力のところに関しては、正直、改善できませんでした。今日も何度かそういったエリアにはボールを持ち込めましたけど、最後のところの精度であったり、あるいは枠に飛ぶ、飛ばないでまた違うと思うんですね。そういったところに関しては正直、シーズンを通して改善することができませんでした。逆に言えば、あれが枠に飛んだときには、勝ち星を持ってこられたりするので、そういったところはもう少し改善しなければいけなかったと思っています」

(先日の試合前の会見で、他の指導者が何年もかけて経験することを就任後に経験できた、と話していたが、今シーズンの途中で就任してから公式戦を全て終え、どんな思いがこみ上げてきているか?)
「今思っているのは、悔しいな、ということです。今日のゲーム、この順位に対して悔しいという気持ちです。あとはさかのぼって、先日ここでファイナルを戦って、目の前で(タイトルを)持っていかれたところ、そういった気持ちが一番にあります。ただそれ以上に選手が悔しい思いをしていると思うので、そういったところをなんとか持っていってあげられなかったかな、というところは常に思っていますけど、特に今日は最終戦で、これだけのファン・サポーターのみなさんが来てくださっている中で、すごく悔しいなと思っています。

シーズンを通してのところでいうと、引き受けたところから、トレーニングを2日くらいやって川崎戦からはじまって、代表ウィークくらいしか練習ができないようなところからはじまりました。連戦でリカバーしてすぐ夏場に入ってみたいなところで、やらなければいけないことを整理してやったつもりでしたけど、それがなかなか、リカバーの方が多くなってしまったりとか、選手のところも、できるだけトレーニングで成果を見せている選手を使ってというところで、ほとんどの選手を使ったとは思いますけど、その中で出てきてくれる選手を期待してやっていました。最後のところで山中が2試合出てくれたり、マルティノスは、正直今日の前半は全然でしたけど、前節だとか、後半に少し彼の良さを出せるようなところまできたところ、選手の成長みたいなところはうれしく思います。ただ選手がそうなっても勝ち点を取らないと仕方ないですし、チームとしての成長みたいなところを表現しきることができませんでした。それが全てだと思います。それに対して、非常に悔しい思いをしています」

(試合後に立花社長が挨拶をしたときにあれだけの大きなブーイングがあったが、チームの一つの責任者として、あの声をどう受け止めていたか?)
「重く受け止めています。立花社長に向けられたと同時に、僕に向けられた部分も、当然あったと思います」

「1年間ありがとうございました。顔見知りの記者の方もたくさんいらっしゃいますし、今後も浦和レッズをよろしくお願いします。ありがとうございました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 G大阪戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ