MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 C大阪戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第24節 セレッソ大阪戦【MATCH PARTNER メディカル・ケア・サービス】 試合後のコメント

「シーズンで、(川崎)フロンターレは抜いて、非常に安定したパフォーマンスを発揮しているセレッソ大阪に対して逆転勝利できたことは良かったと思いますし、素直に喜んでいます。今日出たヤマ(山中亮輔)がミドルシュートを決める、ペナルティーエリアの中でしっかりとPKを一つもらえた、交代した選手が直後に3点目に絡むなどもすごく良かったと思います。失点した場面はちょっとと思う部分もありますけど、顔を上げてしっかりと前に向かって、内容を上げていきたいです。

向こうがパワーを持ってきたところをしっかりと城を築いて守備をして、虎視眈々と次のゴールを狙うような姿勢が見られました。あそこで押し上げていった場合に主導権を握り返すというところまでいきたいですけど、そこはまたやっていければいいと思います。また勝って反省して次に向かえる、一週間準備ができるというのは非常に喜ばしいことです。次のゲームに向けてがんばりたいと思います」

[質疑応答]
(柏レイソル戦からいい内容の試合が続いており、結果にも結びついて得点も生まれているが、この勝利はチームにとって大きな自信になる勝利だったのでは?)
「自信を持って次の試合に向かえるように準備したいと思います。ただ、自信と一緒に謙虚な気持ちを携えて毎日を過ごして、次のゲームに向かいたいと思います。大きな自信につながる今日のゲームだったと思いますけど、さらにいい部分が出るように、がんばっていきたいと思います」

(ここ2試合はサイドハーフが得点に絡んでいるが、彼らがよりゴールに絡めるようになってきている部分への手応えは?)
「ここ何ヵ月かずっと言ってきていますけど、そのポジションにどのタイミングで入る、その狙いはなんだという、入る前の段階が判断を元に整理され、他の選手との関わりがある中でその一つ前のところが整理でき、入り込むところを他の選手が認識、共有している部分が増えているのだと思います。それがゴールにつながることは非常に喜ばしいことですし、さらにそういうシーンが増えることを望んでいます」

(セレッソ大阪は安定した戦いのチームと評価していたが、そういうチームに勝利したことへの手応えやメンタル的な作用については?)
「もちろん、セレッソさんが今シーズン非常に安定しているチームなのはみなさんが分かっていると思います。そのチームにしっかり勝ちましたが、今シーズン3試合目で、その前に2試合負けています。1試合目はカップ戦(JリーグYBCルヴァンカップ)で、その試合もゴール前まで迫っている形は作れたと思っていますけど、ゴールをこじ開けられませんでした。そういったところが足りなかったと思いますし、今日はそこがしっかりと表現できたということで、良かったと思います」

(定例会見では「手応えという部分は続けていかないと得られない」と言っていたが、ベガルタ仙台戦より手応えが大きくなった感覚はあるか?)
「僕自身の選手への要望としては、もっと自信を持ってやれ、ということです。もっと今までやってきたものへの自信を持ってほしい。それは今日出ている選手だけじゃなく、グループとしてやっていること、結果に対して自信を持つのではなく、今やっていることに対して自信を持つ、今やっていることを継続していることに対して自信を持つというところを選手と共有したい、という思いが強いですね。結果はもちろん、この後も勝ったり負けたりで、しかも勝ったからと言って諸手を挙げて喜ぶわけでなく、次に向けて準備をするだけなので、今日この瞬間から今まで継続してやってきたことをやりましょうという意味で、みんなで積み上げていきたいと思います」

(金曜日の会見で、「前に出るチャレンジを続けたい」と言っていたが、今日は逆転するパワーや2点リードの終盤で押し込まれ続けずに次の得点を狙う姿勢があり、選手たちが前に出続けた試合だったと思う。選手たちが見せてくれたものについては?)
「その通りだと思います。選手たちが守備のところだけではなく、しっかりと前に出ていっていました。途中で入った(杉本)健勇、レオ(レオナルド)もそうですし、マルちゃん(マルティノス)、汰木(康也)もそうですし、そういった選手たちが前に運べる、ボールを運べる選手が多かったのは一つあります。その前の一歩二歩はもうちょっと、というところがありましたけど、そこはうれしく思います」

(一つ前のところが整理されてきたということだが、それによってプレーに余裕みたいなものができて、プラスアルファが出しやすくなっていると思うが?)
「そう思います。そこのところの質や精度を上げる、という作業をしっかりと続けてやりたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 C大阪戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ