MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 鳥栖戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第15節 サガン鳥栖戦 試合後のコメント

「埼玉スタジアムでああいう後押しを受けて、最後に勝ちきることができて、非常に喜んでいます。

鳥栖さんは、ケガなのかどうかは分からないですけど、前線の方のメンバーが少し変わって、その中でもしっかりと戦えるようなところだとか、ロングボールからセカンドボールを拾って展開みたいなところは迫力があって、ウチもそこはもう少し迫力を持って制することができれば良かったですけど、最終的に勝ち点3を取れたということで、内容のところはこれからまた上積みをすることを目標としながら、次に進めることは大きなことだと思っています」

[質疑応答]
(苦しい試合を勝ち切れた理由と、もともとチームとして終盤のゴールが多いが、2試合連続でアディショナルタイムに得点が生まれたことについては?)
「選手のがんばりと、ファン・サポーターのみなさんの後押しです。そう思っています」

(アンドリュー選手を負傷明けで起用するなど、こういう天候から、馬力のある選手たちを起用した印象があったが、どんな試合になると思っていたか? また、実際に試合に入ってみてどう感じていたか?)
「ピッチコンディションはどうかなと思っていて、スタジアムにいるスタッフと連絡をとって、芝生の状態は朝からずっと確認していました。ボールは走るだろうということで、特に馬力がどうとかでアンドリューを使ったわけではありません。ボールをもう少し意図的に動かしてというところをやりたかったんですけど、それがまだまだ積み上げなければいけないというところと、それに対して我々がやりたいことの表・裏で、攻守の切り替えのところも含めて、我々にはたくさん伸び代がある、ということだと思います」

(鳥栖の最終ラインにボールがあるときに、レッズは前から行きたいというところがある中で、アンドリュー選手のところから少しうまく外されていったという感があったが、どういうところを修正しようと思っていたのか、あるいは事前の準備より鳥栖が上回っていた感じだったのか?)
「我々の問題だと思います。ああいうところを少しデザインして準備しましたけど、ピッチの上に立って実際にやってみたら少しズレがありました。修正に時間がかかって、左サイドは前半のところで、ハーフタイムに少し話はしましたけど、前半の中で、僕のベンチ前なのでもう少し修正できればよかったんですけど。

ただ、最終的にはウチのほうから崩されてウガ(宇賀神)のところで最後は失点しましたけど、前半の最後、同じような場面でウガがしっかりとクリアした場面があって、自分でしっかりとそこを学習してというか、ああいう場面が試合の中で出たのは良かったです。あれは練習の中でやられて試合で出ない方がいいんですけど、選手たちがそういうところを中で話して、『そういうふうにちゃんと対処するんだな』と見えたのは良かったと思います」

(後半に投入した長澤選手、森脇選手、マルティノス選手は、どのような意図で送り出したか?)
「勝つために送り出しました。こちらもそうですけど、オープンになってきたじゃないですか。Jリーグであの時間になると、どちらかがクローズしたりとか、点差が離れていたら別ですけど、同点だとオープンになってしまいますし、ウチもまだまだオープンにしないで作って押し込んで、みたいなところがまだ終盤はできなかったので、オープンになる、オープンになるときにパワーがある選手は誰か、というところだと思います」

(後半アディショナルタイムに得点した興梠選手の評価と、ゴールを決めきる良さの部分については?)
「僕が選手を評価してもしょうがないので、みなさんが評価してあげてください。僕のところにいる選手は、みんないい選手だと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 鳥栖戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ