MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 横浜FC戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第19節 横浜FC戦 試合後のコメント

「前半の内容に関しては、我々の方に問題があったと思います。失点のところもそうですが、それ以前のところで、ボールに行った後からの失点の形、それから1人がピッチの外に出たところでもう1点取られたところ、少しボールホルダーにプレッシャーがかかりませんでしたが、その後の対処などに非常に甘さがあって、最後までそれが響いてしまった、難しいゲームでした」

[質疑応答]
(前半のようなスコアになってしまうと後半は難しくなると思うが、後半に立て直した一番のポイントは?)
「(柏木)陽介を中にしたのが1つと、守備のところで一歩ずつ前に出るところを整理して出なさいということで、やってくれと指示しました。あと、前半はあまりにもミスが多かったと思います。選手の立っているところを変えたのが大きいと思います」

(前半に関して浦和レッズ側に問題があった、あまりにもミスが多かったということだが、ミスや甘さは疲労によるものか、それとも複合的にいろいろな要因があったのか?)
「いろいろな要因があるのかもしれないですが、事実としてミスが多かったことが非常に問題です。それがなぜなのかは当然考えます。今日の埼玉スタジアムの舞台でそれが出たことが非常に残念です。後半、相手も2点取るとやはり構えてしまうところがあるのでああいうことになりますが、前半からもう少ししっかりとやりたかった、というところです」

(フィジカルコンタクトの面での、選手の対応については?)
「コンタクトのところに関しては、高山啓義主審は比較的、流してプレーをさせるレフェリーだという認識をしていますし、そういうことは選手も意識して、止まらないでプレーしましょう、という話はしていました。お互いこうやって疲れがたまってきて、連戦の中で多少体のコントロールが利かなくなってきている部分があるのかなという印象は持っています。ですからケガが怖いですし、そうしたところに関しては不安なところもあります。連戦で、お互いに体が利かないようなプレーが見られているのかなという気がしています」

(浦和レッズユース時代に指導した松尾佑介選手が2得点して、複雑な気持ちもあったと思うが、どんな気持ちで彼のプレーを見ていたのか?あと、試合前後に声をかけたことはあったのか?)
「松尾選手が取った、取らないではなく、横浜FCに浦和レッズが点を取られたのが悔しいという部分が非常に強いです。松尾選手とは試合前に挨拶程度は交わしましたが、それ以上でもそれ以下でもありません」

(次は中3日で上位のFC東京とのホームゲームがあるが、回復メインでトレーニングも難しい中、選手たちにどういうことを伝えて試合に向かっていきたいか?)
「試合はすぐ来るので、今日のところをしっかりと払拭できるようみんなで取り組んでいくというところ、回復も含めて、みんなでがんばってやりたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 横浜FC戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ