MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 川崎戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第17節 川崎フロンターレ戦 試合後のコメント

「3点取られて悔しい思いが強いです。局面局面のところで上回られてしまった部分、特に振られてというところで、前半の1失点目の場面もボランチが2つ振られましたし、後半もそういう形から失点してしまいました。そこが悔しいところです。もう少し成長したいと思いました。

選手は2点を取られてからも前に出てというところで、体がキツそうなところを見せてしまっているところは申し訳ないですけど、やろうという意識を持ってやってくれたと思っていますし、そこをまた次につなげてあげられるように、2日間を費やしたいと思います」

[質疑応答]
(特に前半はレッズの今までやってきたことや良さが出ていた試合だったと思うが、その中でもこのようなスコアになってしまった要因と、良さを出せた部分についてはどう捉えているか?)
「狙ったことを選手は表現してくれる部分が多くありました。ゲームプランを遂行している中で、やはり1点目のところ、ウチのボランチが2つ右に寄せられて一度左に持っていかれてという場面で、彼らはいいランニングを入れてくるので、そのランニングに引っ張られた後のスペースはスライドして埋めようということでやっていました。あのボレーは素晴らしい得点でしたが、残念でした。

あとは、後半の入りの早い時間にも点を取られてしまいました。入りを気を付けてと言っていながらも取られてしまいましたが、その後も選手は顔を上げて前に出て行こうというところを表現してくれたので、そこに対しては本当に感謝しています。ただ、スコアを動かせなかったので、負けるにしてもスコアを1つ動かしたかったというのが本音です」

(シーズン前半戦を終えて、後半戦に向けて高めていきたい部分と、川崎フロンターレと対戦して感じた差が伸びしろになってくると思うが、その部分は?)
「ボールを奪って落ち着けた後、相手の中列と最終列の間のところのクオリティーですとか、そこにもう1つサポートを多くする、早くするみたいなところはやりたいと思います」

(前半にいい入りをした中で、途中からかなりハマらなくあった部分があった。最後の岩武克弥選手のシュートの場面で、1つ前に行っていい攻撃が出たと思うが、ああいった部分が後半に出せなかった要因は?)
「最後に持っていく前のところで、相手の守備がダブルボランチの形っぽくなっているところが1点あったと思います。前半は4-3-3のアンカー1枚みたいなところがあったので、8番の選手(脇坂泰斗選手)が前にプレッシャーに来るとそこが空いてきていたところがあったと思いますが、そういうところが試合の中で整理されていた、話が出ていたのかなと思っていました。そこを動かすことがなかなか難しかったと思っています」

(後半戦に向けて、トレーニングの内容も変わってくる感じはあるか?)
「あと4試合は中2~3日で試合があって、そこまでは回復メインのトレーニングになると思いますので、みんなで意思統一をしていきたいです。同じメンバーではなかなか難しいと思いますので、今日サブだった選手やメンバー外の選手がもう1回力を発揮してくれることを期待しています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 川崎戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ