MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督 仙台戦試合後会見

JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 ベガルタ仙台戦 試合後のコメント

「いい入りができて、早い時間に点を取れたこと、その後も選手がトレーニングを積んできたことをしっかりやろうということが見えて、良かったと思います。ですが、前半にポンポンと2点を取られたところはよくなかったです。

ハーフタイムに少し締め直して、後半に入って早い時間に点を取りましたけど、大味なゲームでした。ただ、今やっていることをトライさせて次の試合に向かいたいと思いますし、選手と共に、さらに質を上げていけるようにがんばりたいと思います」

[質疑応答]
(大味な試合になったということだが、試合後のファン・サポーターの反応に静寂があり、まだまだ満足していない、という感じがあった。監督はスタンドの反応をどのように感じたか?)
「今聞いてそれを知ったので、自分では感じられませんでしたけど、今それを聞いて感じたことは、さらにがんばれよというファン・サポーターのみなさんからの意思だと思いますので、そういったことがあったのであれば、一生懸命また明日のトレーニングからがんばりたいと思います」

(今日が今シーズン初めての公式戦だったが、キャンプから取り組んできたことがこれくらいできるのではないか、という監督の期待に対しての試合の良しあしについては?)
「試合をやる前に話していたのであれば信憑性があると思いますけど、試合が終わった後に何を言っても、何にもならないと思います。ただ今日の試合の結果、事実が今シーズンの入りで基準になっていくと思うので、次の相手はまた変わりますけど、自分たちでやることをもう一回整理したり徹底したりするような作業を、またやっていきたいと思います」

(監督は始動から選手たちの練習に取り組む姿勢を高く評価してきたと思うが、今日のゲームに関しての選手たちの姿勢は監督の目にはどのように映ったか?)
「いい集中で、開幕に対して集中した姿勢を見せてくれました。昨年、僕もそうですけど、悔しい思いをした人たちがスタジアムの中に多く、その中でも選手は人一倍悔しい思いをしている部分もあったので、やってやろう、というところはキャンプから、そして今日の試合の入りでも感じられましたので、まだまだ次の試合も含めて、続けられるようにしていきたいと思います」

(2トップの杉本選手とレオナルド選手はそれぞれ2点ずつ取ったが、2選手をどう評価しているか?)
「2点ずつ取って良かったと思っています。点を取ったことが全てです」

(得点のディテールを見ていくと、3点目のシーン、関根選手が中盤でカットしてからの流れ、前に行く勢いに迫力があり、しかも流れるような攻撃だと思ったが、監督はそれぞれのゴールに至る流れをどのように感じていたか?)
「いい守備があって、というところがまずあると思います。2点目は少しプレーが止まってしまったところがありましたが、3点目なんかもそうですし、最後のマルちゃん(マルティノス)の得点もそうですけど、ああいう場面がたくさん出たらいいと思っています」

(ファン・サポーターやメディアに対し、チームの変化を今日の試合で見せていたと思うが?)
「1試合終わっただけなので、またリーグで発揮できるようにがんばりますと、それしか言えません。今日の試合が全てではありませんし、今日の試合が終わって、また明日からみんなで一生懸命がんばりたいと思います。それが全てです」

(今日は2トップに杉本選手とレオナルド選手を先発させ、昨年のチーム得点王である興梠選手を出場させなかったが、2人を選んだ理由と、2トップのバランスでどういうことを重視しているか?)
「(興梠)慎三に関しては、今週に練習で少し負傷をした部分があって、そこで1日外れました。その分2人が練習して、コンビネーションでいい部分が見られたので、いいものは使おう、というところでした。その前の段階でキャンプを見に来られている方はお分かりかもしれないですけど、この3人のところはものすごくいい関係でやっています。ただ、それぞれの良さのところはまた違って、慎三はさらにボールを引き出すことも収めることも背後を取ることもでき、(杉本)健勇は高さのところやモビリティーのところで守備で貢献できます。レオ(レオナルド)に関しては、僕自身も昨年のアルビレックス新潟の試合の映像を何本も見ましたけど、イメージは全く変わっていません。非常にアグレッシブに動き回って守備をがんばってやってくれて、逆にキャンプでは『守備をがんばりすぎているぞ』という指摘をしたくらいです。そこも含めて彼はどんどん成長していると思いますし、3人の組み合わせのところはキャンプでたくさん試せたので、これからもしっかりと見ていきたいと思います。

ただこの3人だけではなく、今はケガしていますけど、武富だったりファブリシオだったり、こういった選手たちもまた戻ってきますし、今日はサブにいた伊藤涼太郎なんかも、前ですごくいいプレーをしているんです。そういったいいプレーを見逃さないように、彼らだけではなく、トレーニングからやっていきたいと思います。

今年も1年間よろしくお願いします。ありがとうございました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督 仙台戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ