MENU

トップチームトピックス

堀 孝史コーチ FC東京戦試合後会見

2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦 vsFC東京 試合後のコメント

「試合が始まる前から、YBCルヴァンカップ準決勝を180分の戦いと考えて、今日は最初の90分だということでゲームを進めて行く、決して慌てず、しっかりやっていこうという話をしました。今日の90分の中でも、おそらく立ち上がり、FC東京さんのほうがアグレッシブにくるだろうから、最初は厳しい戦いになる、という話をしていた中で、相手にボールを持たれる時間が意外と長く、その中で選手もキツい場面はあったと思いますけど、しっかりそこを我慢してくれて、前半を終えた感じです。

ハーフタイムにいくつか修正点、改善するところを伝えた中で、後半は失点してしまいましたけど、90分の中で2点を取って、逆転できました。ホームにアドバンテージを持って帰れるようにがんばろうと話していた中で、それが選手のがんばりのおかげで成功したことを、嬉しく思っています。選手たちは、本当によくがんばってくれたと思いますし、感謝しています。

あと、ミシャ監督がいないということで、選手たちはミシャ監督に次はいい舞台を、という考えを持ってやってくれたのではないかと思います。その辺で、力を出すことができた試合だったのではないかと思います」

【質疑応答】
(2人目の交代で平川を起用した意図は?)
「関根が足を痛めたところがあって、本人もちょっとキツいということで、平川を入れました。経験のある選手ですし、ゲームの状況を踏まえ、実際にいい仕事をしてくれたと思います。日頃からトレーニングで、平川だけではないですけど、試合に出ていない選手もいいトレーニングができています。実際、それが形に出せたので、彼にも感謝したいですし、彼にとっても大きいゲームだったのではないかと思います」

(ハーフタイムの修正点を具体的に教えてほしいのと、後半の頭に打ち合いのようになって失点したが、失敗みたいなものがあったのか?)
「2つめの質問に関して言えば、あまり、失敗という感覚はなかったです。多少、アンラッキーというか、ヘディングしようとしたのが流れてしまって、というところなので、そんなにネガティブに考えてはいません。

修正点に関しては、あと半分残っていますので、それは言わないほうがいいのではないかと思います」

(平川や、高木も含めて、交代がピタリと当たって逆転した。一般的には『采配がピタリと当たった』と監督が褒められるところだが、それについての印象は?)
「こちらの采配どうこうと言うよりも、試合前、選手に『今日のゲームの90分を考えてやってくれ』と言った中で、高木の得点にしても彼の持ち味が出たと思いますし、平川も、彼のところが起点になってゴールが生まれました。采配どうこうではなく、彼らが今の状況で何をやるべきかをしっかり考えてやってくれた結果だと思います。それも、日頃監督が、そのポジションに対しての役割ですとか、個人の特長をしっかり生かしてやっていくということを常々言っていますので、そういう面が積み重ねの部分で出たのではないかと思います」

(堀コーチから見て、ミシャ監督は選手に考えさせるマネージメントの方向なのか?)
「ミシャ監督の理想とするものが、瞬間瞬間でも、いろいろあると思います。選手が常にミシャ監督のアイデアと同じ行動をするかは分からないですけど、その都度、選手の選んだ行動に関して、それもOKだ、ただこれもある、というふうに、常に選択肢を持たせることによって、選手たちの幅が広がる部分があると思います。その時々のミシャ監督のアイデアがどうだったのか、その状況で考え、しっかり聞くことで、また次の機会で、ミシャ監督のアイデアと同じものが出る場合もあるでしょうし、選手のアイデアが出る場合もあると思います。その部分では本当に、考えさせているのではないかと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

堀 孝史コーチ FC東京戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ