MENU

トップチームトピックス

堀監督 FC東京戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ第23節 vsFC東京 試合後のコメント

「いつもは、前半、自分たちでボールを持つ時間があるのですが、相手にボールを持たれる時間を長く作られて、選手たちはその中でも粘り強くやってくれて、選手たちに感謝したいです。

最後の粘り強さを出して勝利できたことは、選手たちの今後の自信につながってほしいと思います。その中で攻撃の部分でもう少しボールを持てるようにしなければいけないと思います。ただ、最後までしっかりと粘り強く戦ってくれたので、選手たちには感謝しています」

 [質疑応答]
(3人目の交代で矢島を投入した意図は?)
「この前の甲府戦もそうでしたが、彼は自分たちのボールになったときに、しっかりとボールを受けて、慌てず攻撃の時間を作る、すべてが前へ前へというわけではないですし、そういうところのコントロールに長けています。それと攻撃でチャンスがあったときに、1本のものを出せる力があるので、矢島を投入しました」

(矢島は守備をしっかりやれば攻撃の才能があるから伸びると思うがどうか?)
「彼もそういうところが課題だと自分でも分かっているところがあって、取り組もうとしているところはあります。その中で、彼を信じてそういう場に出すことも必要なのかなと思っています。それと、守りながら自分たちの時間を作りたいという考えで決断して矢島を投入しました」

(FC東京の1点とレッズの2点目は、1シーズンに見られるかどうかわからないくらい素晴らしいゴールだったと思うが、感想は?)
「失点に関して言えば、相手にボールを持たれている中で、なかなかボールにアプローチできない状況で、背後を狙われて、あれだけフリーの状況を作られてしまいました。FC東京が意図していた攻撃だと思います。

得点に関しては、今週、前節のゲームなどを踏まえて、攻撃の部分でも今まであったものを出していこうと選手たちに言った中で、ああいうものを選手たちが出してくれたという結果だと思います」

(マウリシオという非常に優れたセンターバックが入って、遠藤が右のストッパーに入った。遠藤が湘南にいた頃、あのポジションで相当、攻撃的に上がっていたのでどうかと思っていたら、慎重に見えたが、その辺のバランスはどうか?)
「もう少し行ってもいいんじゃないかという場面を僕も感じて遠藤にも話したのですが、もう少し後ろで安全なところから相手の動きを見て出すという駆け引きをしていると言っていたので、中で戦っている人間の感じ方があると思うので、尊重した部分があります」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

堀監督 FC東京戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ