MENU

トップチームトピックス

ルヴァンカップ グループステージ第1節 vs 仙台「『主体的な意図を持ったサッカー』で2020年初戦に快勝」

2月16日、浦和レッズはJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第1節 ベガルタ仙台戦に臨んだ。

レッズは前半から攻守にアグレッシブなサッカーを展開して5-2で快勝。最高の形で2020年のスタートを切った。

2020年の公式戦初戦をホームの埼玉スタジアムで迎えたこの一戦、レッズはGKに西川周作、DFに右から橋岡大樹、鈴木大輔、岩波拓也、山中亮輔、ボランチに柏木陽介、柴戸 海、右サイドハーフに関根貴大、左サイドハーフに汰木康也、そして2トップにレオナルドと杉本健勇というメンバーで4-4-2の布陣を採り、2020年の公式戦初戦をスタートさせた。

レッズは立ち上がりから主導権を握る。8分には縦に速い攻撃から右サイドでボールを受けた関根がグラウンダーのパスを中央に送ると、杉本がシュート。DFに弾かれたボールを今度は汰木が拾ってミドルシュート。こちらもDFに弾かれたが、得点の匂いを感じさせた。

そして9分、1分前と同様の形で先制点が生まれた。関根がグラウンダーのパスを送ると、ペナルティーエリアぎりぎりの位置からレオナルドがワンタッチでシュートを放つ。「GKの動きを見て、なるべくGKが届かないところに打つことを心がけています」という試合前日の言葉どおりの丁寧なシュートでゴール左に流し込み、レッズの2020年ファーストゴールが決まった。

その後も主導権を握ったレッズは18分、杉本が左45度の位置からミドルシュートをゴール右に突き刺し、リードを広げる。さらに35分には関根のスルーパスを左で受けた汰木がインサイドを抜けていく山中へスルーパス。山中がグラウンダーのクロスを送ると、レオナルドが押し込み、3-0とした。

その後も主導権を握りながら41分、42分といずれもゴール前のこぼれ球を田中 渉に押し込まれたが、3-2でリードして前半を終えた。

後半に入ってもすぐにスコアが動く。49分、山中のクロスはレオナルドに合いきらなかったものの、こぼれ球を拾った関根がドリブルで仕掛けてPKを獲得。51分にこれを杉本が冷静に決めて再びリードを広げた。

後半の中頃になると試合全体が落ち着きを見せるが、レッズはアグレッシブにボールを奪いにいきながら素早く縦を狙う攻撃を続ける。70分には汰木からマルティノス、77分には柏木から青木拓矢へ交代すると78分、ルーズボールを拾った杉本がレオナルドにつなぎ、レオナルドが左へ送ったパスを受けたマルティノスがペナルティーエリアで左足を一閃。これがゴール右に決まり、5-2とした。

その後もレッズは山中から荻原拓也の交代も入れつつ、最後まで攻撃的な姿勢を貫きながらタイムアップを迎えた。

大量5得点を奪ったことはもちろん、試合を通して全体をコンパクトにしながら攻守に渡ってアグレッシブに前に出ていく、まさに大槻 毅監督が意図する「主体的な意図を持ったサッカー」を展開。結果だけではなく内容も含めて今季の戦いに期待を抱かせる公式戦初戦となった。

次戦は2月21日(金)19時からShonan BMW スタジアム平塚で行われる、明治安田生命J1リーグ 第1節 湘南ベルマーレ戦となる。

【レオナルド】
(試合を振り返って)
「1試合目から2ゴール1アシストもできるとは思っていなかったので、夢のようです。いいデビューを飾ることができて良かったです」

(2点ともクロスからワンタッチで得点したが?)
「2点ともパーフェクトなボールが来ましたので、トラップをする必要がありませんでした。とてもいいボールでした」

(ヒールで決めた幻のゴールがあったが、あれは狙っていたのか?)
「狙いました。レフェリーにファウルを取られていなかったらハットトリックだったんですけど、自分の中ではファウルではなかったと思っています。取り消されたゴールになってしまいました」

(2点取って、ハットトリックは狙っていたか?)
「そうですね。(ガイナーレ)鳥取ではハットトリックを決めることができ、(アルビレックス)新潟でも昨年決めました。それが自分にとってのデビュー戦で決められれば非常にうれしいことだったので、狙っていました」

(Jリーグ開幕に向けての意気込みを)
「金曜日に湘南ベルマーレ戦がありますけど、今週しっかりみんなで準備して、試合に臨みたいと思います。もちろんタイトルを狙っていきたいので、その試合も勝利を狙いたいと思います」

(ゴール後のパフォーマンスは何と呼んだらいいか?)
「一つめは『パワーレンジャー』というものだったんですけど、二つ目はブラジルの音楽に合わせて踊ったもので、特に名前はありません」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ルヴァンカップ グループステージ第1節 vs 仙台「『主体的な意図を持ったサッカー』で2020年初戦に快勝」 ルヴァンカップ グループステージ第1節 vs 仙台「『主体的な意図を持ったサッカー』で2020年初戦に快勝」 ルヴァンカップ グループステージ第1節 vs 仙台「『主体的な意図を持ったサッカー』で2020年初戦に快勝」 ルヴァンカップ グループステージ第1節 vs 仙台「『主体的な意図を持ったサッカー』で2020年初戦に快勝」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ