MENU

トップチームトピックス

リカルド ロドリゲス監督 仙台戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第13節 ベガルタ仙台戦【MATCH PARTNER ポラス株式会社】 試合後のコメント

「試合の入りで、少し苦戦してしまったところがあると思います。簡単にボールを失うところが結構多く見受けられました。ただ、それが過ぎて飲水タイム以降くらいからは、いくつか修正をしていきながら、少し落ち着いた部分は出てきたのかなと思います。

後半に関してはハーフタイムでいくつか修正をして、よりボールをうまく握れる展開になったと思います。こういった展開で先にゴールを取るのはすごく大事なことだと思います。阿部に関しても、すごくいいシュートを決めてくれました。

相手には最初にいくつかシュートを打たれた場面がありましたが、その中でも無失点で、クリーンシートで試合を終わらせることができたのは良かった点だと思います。もちろん改善するべきところは常に見つめ直して、何をやれるかを考えていければと思います。前回のアビスパ福岡戦での敗戦の後、こうしてホームで勝ち点3をしっかりとものにできたことは大事です。このまま勝ち点3を積み重ねて、さらに順位を上げられるようにしていきたいと思います」

[質疑応答]
(マイボールのときの立ち位置を変え、変えた小泉佳穂選手などがゴールに絡んで勝利した。本当に素晴らしかったし、監督としての勝利ではないかと思う。具体的に、どういうことを実現したくて配置を変えたのか?)
「ビルドアップのところをよりハッキリさせたくて修正しました。前半の途中からもそういった場面は見受けられていたのですが、後半はハッキリと、どういったところにどういった立ち位置を取るのかについて細かい話をしました。目的としては、より相手にダメージを与えていく、我々が攻撃的に崩していけるようにという意図、狙いがありました。その中で相手をいい意味で抑えて崩していくことができ、最終的にはうまくいったと思います」

(連戦で練習時間もあまりないが、試合ではハーフタイムなどで修正をしながら戦っている。選手たちに臨機応変に伝えていくのは大変だと思うが?)
「まず幸運なことに、今このチームにいる選手たちはすごく賢く、インテリジェンスのある選手たちなので、その恩恵を得られていると思います。今日も途中でやり方を変え、それは全く練習していないやり方ではあったのですが、選手たちはそれをしっかりと理解して、ピッチで遂行してくれました。実際のところ、選手たちの賢さによるものだと思います」

(今日驚いたのは鈴木彩艶選手の先発出場だが、その狙いと評価は?)
「はじめに西川周作に関してですが、これまでが悪かったわけではありません。前回の試合で少しのミスはあったのですが、その前の試合、たとえば大分トリニータ戦ではチームを救う、勝ち点3を取るためのビッグセーブなど、そういったプレーをしてきた選手です。ただ、ここまでの練習や、(鈴木)彩艶がYBCルヴァンカップでやってきたプレーを見た中で、彼がすごくいいプレーをしているところがあったので、そういった彼のパフォーマンスを評価して、起用に踏み切りました。実際にチャンスを得た中、彼はすごくいいプレーをしてくれたと思います。リーグでの出場は初めてですけど、それ以前の試合でもいいプレーをしていましたし、今日もすごくいいプレー、チームを救うプレーをしてくれたと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

リカルド ロドリゲス監督 仙台戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ