MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 FC東京戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第13節 vsFC東京 試合後のコメント

「今日は自分たちで試合を難しくしてしまいましたが、試合を通して勝利に値するプレーができました。選手たちは非常に素晴らしいゲームをしてくれたと思います」

【質疑応答】
(点が取れなかった前半と、3得点を決めた後半だったが、何が違ったのか?)
「前半は数多くのチャンスを作りながら決めきれない展開の中で、相手は少ないチャンスで2点を取ってリードしました。反対に後半は、引き続き我々が多くのチャンスを作る中で、そのチャンスをしっかりと得点に結びつけることができました。逆に相手は、前半と同様にチャンスは少なかったですが、ポストに当たるなどしてそのチャンスを決められませんでした。その違いだと思います。要するに、チャンスを決めるゴールの割合が違いました。ハーフタイムでも、私は選手にこの試合は絶対に勝てると話しました。

私は、コメントに関しては短く端的に述べようと思っています。3連敗の中で、いろいろなことを考えました。長くコメントすればするほど、なかなか理解していただけないことが多いので。

今日は3ポイントを取ったことが一番大事だったと思われる方もいると思いますが、自分たちがブレずに戦い、見る方にスペクタクルなゲームを与えたことが、自分たちを勝利に導いたと思っています。今日のような内容と緊張感があって、そしてスペクタクルなゲームは、サッカーにとって重要なことです。鹿島、ガンバ、広島との戦いでも、我々が劣っていたとは思っていませんし、むしろ相手より上回っている時間もあったはずです。しかし、サッカーは勝負ごとなので負けることもあります。大事なのは、どういう戦いを貫いていくかです。

次の神戸戦が1stステージの最終節になりますが、その後、我々がどのような方針で戦っていくのかは、クラブとよく話し合っていきたいです。我々はファン・サポーターに対して、とても大きなリスペクトを持っています。常にファン・サポーターと向き合いながらやっていきたいと思っています。ただ、どんな結果で終わろうと、選手は今の状況で批判されるべきではないと思います。うまくいかないときほど後押ししてほしいですし、何かあるのであれば、冷静になる機会を持って、クラブや私と話しをすればいいと思います。選手に過度なプレッシャーを与える行為は、避けていただきたいです。しっかりと向き合って話していく中で、共に進んでいかなければいけないでしょう」

(逆転勝利となったが、今後どのような形で影響してくるのか?)
「今日のゲームは、チームにとって勝利が大事だったことは確かです。4連敗をしていたら、クラブがどうなっていたか分かりません。難しい状況になっていたのは確かです。選手たちは、背中に100キロの重りを背負ってプレーしていたようなものです。それぐらいのプレッシャーの中で戦っていました。その重荷が、今日のゲームに勝利したことで、ようやく下ろせたのではないかと思います。

次は神戸戦になりますが、相手は1週間あく中で、十分な準備をして試合に臨めますが、我々は中2日での連戦になります。非常に厳しい5連戦の最後になります。厳しい日程の中で、相手よりハンデを負う中で戦わなければいけません。ただ、この勝利を持って、今日の試合よりもいい状態で試合に臨めると思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 FC東京戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ