MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 FC東京戦前日会見

2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦 FC東京戦 試合前日のコメント

「明日はルヴァンカップ準決勝ですが、準決勝に勝ち上がってくるチームですから、4チームとも強いチームです。FC東京も手強い相手ですので、明日の試合も難しいゲームになります。ただ、チームの調子はいい状況にあります。勢いを持って明日の試合に臨みたいです。代表選手がいない中でのゲームですが、チーム一丸となって、いい試合をしていきたいです」

【質疑応答】
(代表選手だけでなく監督もベンチにいない試合となるが?)
「ルヴァンカップ準々決勝の第2戦で、私はピッチに入ってしまう過ちをおかしてしまい、退席処分となってしまいました。チーム関係者のみなさんにご迷惑を掛けてしまう状況になってしまったことをお詫びしたいです。明日のゲームは私の代わりに堀コーチが指揮をとります。我々はもう長いこと一緒に仕事をしていますので、私の考えていることや、これまでのチームの戦いなど、彼も私と同じように考えていると思います。以心伝心ではないですが、私の代わりにいい仕事をしてくれると信頼しています」

(以前にも同じようにベンチを離れなければいけない試合があったのか?また、その時も同じように代わりの方にベンチを託すことができたのか?)
「浦和ではないですが、広島時代にも退席を命じられて、次の試合でベンチ入り停止になったことはありました。その当時も、自分と共に仕事をしてきた方に託しました。私は、常に自分と仕事をするスタッフには、強い信頼を置いています。そうでなければ一緒に仕事をすることはありません。

もう一つ言えることは、監督が試合中にピッチの横にいると、大きな影響力があると思われているかもしれません。しかし、試合までにある程度の準備は終わっているものです。試合中は、選手たちがいかに自分たちがこれまでやってきたことを出していけるかです。もし、選手たちが自分たちのプレーができなければ、誰がベンチの横に立って指示を出したとしても、全くうまくいかないでしょう。先日イングランド代表監督を解任されたアラダイス監督は、彼がウェストハム・ユナイテッドFCで監督をしていたとき、常に前半はスタンドで観戦して、後半からベンチで仕事をしていました。それが示すように、どれだけ監督がピッチの横にいることが影響があるのかは、なかなか目で計れるものではありません。

Jリーグは、監督として登録されている人間がスタンドで試合を見ることは、ルール上はないと思います。以前は通訳と2人でピッチに立つことが許されていましたが、今はそれも許されていません。日本は、ルールを大事にする国民性があると思いますが、私は監督がスタンドから見ていても、悪くはないと思っています。

多くのことは、試合前にすでに準備されているものです。あらためて試合の中で目新しいことをするかといえば、そうではありません。柔軟に対応することは求められますが、試合になって、突然新しいことを監督が求めることもありません。多くのチームは、ボードを使って選手に説明していますが、我々はそういうものを使わなくても、選手に十分に口答で伝えれば、選手はイメージを持ってプレーしてくれます。もしかしたら、ボードが必要なときがくるかもしれませんが、おそらくそのときは来ないでしょう」

(大谷選手の良さやパーソナリティについては?)
「私は選手個人のコメントをあまりしませんが、浦和にいる選手はすべて素晴らしい人間性と選手としての素質を持っています。そうでなければ、レッズの選手ではないはずです。(大谷)幸輝も、それに値する選手です。代表でいない選手のことを言っても仕方ありません。彼は、自分の仕事を明日も全うしてくれると思います」

(夏場以降、チャンスを与えられた選手が良さを出しているが、監督の中で起用法やローテーションの考え方で変えたところはあるか?)
「私はターンオーバーという単語は好きではありませんし、その試合でベストな選手を起用しています。チームに移籍してくると、その戦術を理解してプレーするまでに、時間のかかる選手とそうでない選手がいます。日々のトレーニングでゲーム形式の練習をしている中で、選手たちがより質の高いトレーニングができるようになってきています。練習の成果が試合の中で生きていると思います。ターンオーバーは、連戦の中で選手を入れ替えるのではなく、試合ごとに調子のいい選手を使い、あるいはその試合との相性で起用していきます。ターンオーバーのためのターンオーバーではないということは、はっきり言っておきたいです。ここ最近は、練習でいいプレーができているからこそ、試合に起用しようという思いが生まれます。ズラタンがここ最近の試合に出ていたのは、一時期の興梠選手よりもいいプレーをしていたからです。これは一つの例ですが、決してターンオーバーのためだけにズラタンは出ていたわけではありません。

多くの選手が、一歩前進してくれたことが、今のチーム状態につながったと思います。戦術的な理由などいろいろな要因があって、私は先発メンバーの11人を決めているので、ターンオーバーという名前だけのターンオーバーではないということです。(柏木)陽介、(西川)周作、マキ(槙野)といった代表選手がいませんが、同じように戦えるかと言ったら、まったく同じというわけではありません。ケガで長期離脱している梅崎もいませんが、全員がいればベストであるし、誰かが欠ければ欠けたなりに、同じチーム力にはなりません。その選手たちがいなくても、同じくらい、あるいはそれ以上にいいチームだと言ってしまったら、それは嘘になります」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 FC東京戦前日会見 ミシャ監督 FC東京戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ