MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 FC東京戦前日会見

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第15節 FC東京戦 試合前日のコメント

「明日は浦和とFC東京、お互いにとって重要なゲームになります。両チームとも前節に敗退したことで、ポイントが必要なプレッシャーのかかる状況での対戦となります。FC東京は運動量、アグレッシブさ、規律があり、カウンターの鋭さやセットプレーの強さのある危険なチームですので、我々は自分たちのサッカーを貫くことが必要になります。

また、重要なゲームではありますが、少し力を抜いて、程よいリラックス感をもって試合に臨むことも必要だと思っています。ガンバ戦の前半は、選手たちが緊張からなのか、少し固さがあって、あまりいい出来ではありませんでした。今回は緊張感のある中でも、ある程度はリラックスした状態で臨めればと思います」


【質疑応答】
(FC東京はJ1最小失点のチームだが、どのように崩していくのか?)
「FC東京は我々より年間順位で6ポイント少ないチームです。本来であれば、FC東京にとっては勝利が必要なゲームのはずですし、引き分けでは浦和を追い越せないシチュエーションです。2チームの選手のクオリティーを比較しても、力の拮抗するゲームになります。FC東京はホームで戦うので、いかに攻撃的なサッカーをして浦和から得点するかがテーマになると思います。

浦和の宿命なのか、常にどのチームと対戦しても浦和がいかに攻撃を仕掛け、相手から得点を奪って勝利するかが求められます。浦和が相手の守備をどのようにかいくぐるのか、相手もそれをどのように防ぐのか、そういった構図になります。それが毎試合行われています。明日も攻撃的なサッカーをやっていきたいです。

重要なのは、どのようにゲームを作るかです。明日はいかに質の高い仕掛けができるだと思います。アグレッシブで規律あるFC東京のオーガナイズされた守備を崩していくことは簡単ではありません。だからこそ仕掛けの部分の質を高めなければいけません。

私は選手たちに、1stステージで優勝し、チャンピオンシップに出場するという最低限の目標は到達したと話しました。それは我々にとって精神的なアドバンテージです。ガンバ戦の立ち上がりのような消極的なプレーではなく、そのアドバンテージを生かして、いかに積極的にプレーするかを、ガンバ戦から学ぶことができました。ガンバ戦のように、先に失点してから自分たちのサッカーを始めてはいけません。

2ステージ制では、年間で勝ち点を1番多く取ってもチャンピオンにはなれません。年間勝ち点1位になれば、ファイナルの2試合を戦いますが、そうでなくても、1試合、2試合が増えるだけです。どのチームもそこに行き着くために戦っているわけですし、我々だけがいま出場権を得ている状況です。

とにかく自分たちの最終的な目標は、チャンピオンシップで優勝することにあります。我々は、すでにそこで戦える状況に行き着いているので、残り3試合を勇気を持って戦うことが、我々のやるべきことです。その上で、年間勝ち点1位になれば、それは良いことです。余計なプレッシャーを受けることなく、残りの3試合を戦うだけです」

(明日の試合で特に新しく加入した攻撃陣の選手に期待することは?)
「浦和でプレーするプレッシャーは他のチームにはないものがあります。特に新しく加入した選手にとっては簡単ではないと思います。私が選手に臨むことは、普段の練習でやっていることを、試合で出してほしいというそれだけです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 FC東京戦前日会見 ミシャ監督 FC東京戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ