MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 鹿島戦前日会見

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝 第2戦 鹿島アントラーズ戦 試合前日のコメント

「チャンピオンシップ第1戦は、いい結果で終わることができました。ただ、その結果をもってして、我々が明日の試合に勝てる保証はどこにもありません。第1戦は、いくつかいい点がありましたが、修正しなければならない部分もあったゲームでした。

明日のゲームに向けて、この中3日の間、選手と話をしながら進めてきました。鹿島アントラーズは素晴らしいチームです。特に鹿島はアウェイでいい結果を残しているチームです。2試合で勝敗を決するゲームは、非常に危険なものです。特に初戦を勝利したチームは、2戦目のスコアを計算して戦ってしまいがちです。それは、非常に危険です。

明日のゲームは、我々浦和レッズが常にやってきた勝つための戦いを最初からしなければいけません。それが我々が明日のゲームを勝利で終わるために非常に大事なことです。我々は年間で最も多く勝ち点を挙げたチャンピオンチームです。明日の試合も勝利して、我々が真の王者であるということを結果を持って証明したいと思います」

【質疑応答】
(決戦の前の練習を終えて、チームの雰囲気、自信はどれくらい伝わってくるか?)
「タイトルの懸かったゲームは、非常にプレッシャーがかかります。そのプレッシャーをいかに自分の中で消化して試合に臨むかということは、多くの方がこうすればいいという思いを持って言うと思いますが、言うのは簡単です。実際、それをやることは非常に難しいことです。

特に我々のようなサッカーをするチームは、緊張感を持ちながらも、どこかリラックスしたようなものがなければできないサッカーだと思います。ゆえに、こうしたタイトルの懸かったゲームは非常に難しいものです。ただ、私がチームを見る限り、集中力と緊張感、そしてどこかリラックスした雰囲気を見ることができました。そうしたものをチームが持つことは、決して簡単なことではありません。監督としても、しっかりそれを見ながらそういう雰囲気を持ってやろうとすることは簡単ではありません。ですが、今のチームを見る限り、非常にいい状態であると私は思っています。

みなさんもご承知の通り、ブラジルのサッカーチームが飛行機事故でたくさんの方が犠牲になりました。心からお悔やみ申し上げます。やはり、そのことからも思うことは、人生生きていて、次の瞬間何が起こるか分からないのが我々の人生です。だからこそ常に思うことは、やはり毎日を楽しんで生きていきたいと思いますし、毎日充実した日々を過ごさなければならないと思っています。

明日のゲームも、選手たちが素晴らしい舞台に私を連れて行ってくれました。その舞台を選手たちと楽しみたいと思います。明日のゲームもどちらに勝敗が転ぶか分からない非常に厳しいゲームになると思います。ただ、私自身はそのゲームを楽しみ、勝利を目指して戦う強い気持ちを持ちながら、楽しんでいきたいと思います。世の中は、ネガティブな情報の方がセンセーショナルなかたちでニュースが流れ、多くの方が興味を持っていますけれど、私はみんなが幸せになるようなニュースが世の中に溢れるといいなと心から願う一人です」

(第1戦で具体的にどこが悪く、それをどう改善し明日の試合に臨むと考えているか?)
「守備のオーガナイズは比較的うまくいっていました。ボールを失ったあとの切り替えの部分で、選手たちは素早い切り替えをしてくれていたと思います。その点はよかったと思います。しかし、本来のコンビネーションの攻撃はあまり出せませんでした。第2戦に向けて、我々の攻撃的なサッカーの精度を上げていくことが第2戦には必要だと思っています。

鹿島は、この前のゲーム同様に明日のゲームも、おそらく前から激しくプレッシャーをかけてくると予想しています。相手のプレッシャーに関して、我々はどのようにそれを外していくかです。そして、前線でいかにコンビネーションから相手の守備を崩していくかというところは、明日のゲームで、第1戦よりもよいものを見せていかなければいけないと感じています」

(第1戦からの準備期間が3日間しかなかったが、明日の試合で本来のサッカーを見せる事ができると監督が自信を持っている部分はあるか?)
「サッカーの世界に100パーセントという保証はどこにもありません。ただ、我々には5年間積み上げてきたものがあります。その積み上げてきたものを明日のゲームで出していきたいと思っています。もちろん、この3日の間で選手たちには話をしてきました。そして、その話をしてきた中で、選手たちは十分に第1戦よりもいい攻撃を出してくれると思っています。ただ、鹿島アントラーズも素晴らしいチームです。第1戦と同じように、激しく我々の攻撃に対してプレッシャーをかけてきます。そういった相手に対して、我々が思うようにすべてがうまくいくわけではありません。五分に渡り合う強い両チームの戦いですので、お互いの思惑がぶつかり合う激しいゲームになると思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 鹿島戦前日会見 ミシャ監督 鹿島戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ