MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 湘南ベルマーレ戦前日会見

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第1節 vs湘南ベルマーレ 試合前日コメント

「リーグ戦は、これまで3試合戦ってきた公式戦とは違った大会です。その初戦 ということですが、相手の湘南ベルマーレは非常に強いチームだと思っています し、J2から昇格してきたということで、我々に勝つんだという大きなモチベー ションを持っていると思います。こういった失うものがない相手との対戦は簡単なものではありません。また、連戦の4試合目ということや、公式戦で3連敗して いることも我々を難しい状況にしています。しかしながら、我々は落ち着いて自分たちを十分に分析して戦いたいと思っていますし、とにかく全力を尽くして良いゲームをし、勝利したいと思っています」

【質疑応答】
(Jリーグが今季から2ステージ制になるが、年間の戦い方に対するイメージは?)
「正直なところ、私には2つのステージに分かれて戦う方式への経験がなく、イ メージが湧きません。ただしハッキリと言えることは、常に目の前の試合に勝利して、両ステージにおいて首位であることを目指して戦うということです」

(連戦によるチームのコンディションは?)
「11日間で4試合というのは、見に来ていただいてる方々にとっても忙しいものでしょう。やっている側は、なおさらのことです。AFCチャンピオンズリーグに出場し、連戦の中で開幕戦を迎えるという、与えられた状況の中で我々は戦うのみです。明日のゲームに向け、しっかりとした準備をしてきたチームがコンディ ションの面でアドバンテージを持つのは確かです。しかし、そういった状況下でも我々は全力でゲームに臨むだけです。このような日程の中で戦うのもサッカーです。我々は昨シーズンに選手たちが非常に頑張り、結果を残したことでアジアの舞台で戦っています。それは非常に栄誉であり、嬉しいことです。他のチームは、ACLへの出場を成し遂げることができませんでしたが、良い状況で開幕戦を迎えられるわけです。それもまた、サッカーだと思います。サッカーとは、過去の結果には生きられないスポーツです。常に次の戦いにおいて、自分たちの強さを証明しなくてはいけません。それが、この世界で生きる限り求められるものなのです」

(対戦相手の湘南は縦に速いアグレッシブなチームだが、注意すべき点は?)
「明日、湘南がどんな戦い方をするか理解しているつもりです。仰ったとおり、湘南は相手のボールを奪って素早くゴールへ迫るサッカーをします。一番良いのは、もしかして相手のGKにボールを渡して我々が相手の攻撃を待ち構えるということかもしれません。そうすれば、ゲームを優位に進められるかもしれません。また、我々がボールを持ったときに全て前に大きくロングボールを蹴りだせば、相手のコンセプトは無くなるでしょう。しかし、それが私のスタイルでないのは確かです。我々は、自分たちの確固たるスタイルを持ち、それを相手にぶつけて勝利します」

(ここまでターンオーバーで選手を起用しているが、コンビネーションの熟成をどう捉えているか?)
「もちろん今より試合が進んでいけば、精度は上がっていくでしょう。指宿トレーニングキャンプが終わった後に、もう1週間あればと私はコメントをしました。今季初戦の水原三星ブルーウィングス戦を見る限り、そのとおりの状況があったと思います。しかし、その後のゼロックススーパーカップのガンバ大阪戦、水曜日のブリスベン・ロアーとの試合では、チームはより精度が上がって狙いとしたものが出せてきています。特にブリスベン戦の後半は、10人であっても自分たちの狙いが出せたゲームだと思います。それが何を意味するかと言えば、 試合を重ねるごとにチームの状況が良くなっているということです。この3試合を見ても、ちょっとしたミスが失点につながっています。そしてそれが、結果が出ないことにつながっています。こうしたことが続けて起きることがあるのがサッカーであり、それが今、チームの状況を難しくしていると言えます」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 湘南ベルマーレ戦前日会見 ミシャ監督 湘南ベルマーレ戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ