MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 柏戦前日会見

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第1節 柏レイソル戦 試合前日のコメント

「明日からいよいよJリーグが開幕します。非常に楽しみです。Jリーグは各チームの力が拮抗していますので、毎試合が厳しいゲームになります。明日対戦する柏も非常に強く、組織されたチームです。柏は今年から監督が代わって、守備からの速攻を狙うチームになったので、我々には我慢が必要になります。我慢しながら、相手より走り、規律を守り、そして攻守の切り替えを早くしながらゲームを進めていきたいです。明日は全員で勝利を目指して戦っていきます」


【質疑応答】
(連戦になるが、今年は2チームで戦うくらいの力があると思うが?)
「今シーズン初めのゲームであったシドニーFC戦で勝利できたことは前向きな結果でした。ポジティブな結果を持って明日のゲームに臨めることは、非常にいい流れだと思います。私は、目の前の相手に勝つことしか考えていません。その後の日程がどうだということは、言い訳にはなりません。与えられたスケジュールをこなし、目の前の相手を倒していくだけです」

(キャンプ中に柏と練習試合を行ったが、そこで得られたことは?)
「前の監督は、ボールを保持しながらパスサッカーをするチームでした。新しい監督になってからは、より守備的に、ボールを奪ってから素早くカウンターを狙ってくるチームに変わりました。そこを見ることができた練習試合だったと思います」

(ケガ人がゼロで全員が全体練習に参加している状況については?)
「開幕前に全員が試合に出られる状態であることは非常に素晴らしいことですし、そのことでスタートダッシュもできると思います。なぜそういう状態で開幕を迎えることができたのかについては、正しい答えを導くことが難しいです。なぜなら、サッカーにケガはつきものですし、ケガを恐れていたらサッカーにはなりません。一つ言えることは、我々には素晴らしいメディカルチームがいるということです。それは間違いなく言えることです」

(今年の浦和のどこを見てほしいと考えているか?)
「昨年、一昨年とリーグ優勝を逃している結果から見れば、残念ながら我々のやっているサッカーが評価されにくいことももちろん分かっています。ただ、我々は常に上位争いをしながら、毎年必ず新しいものを取り入れながら戦ってきました。日本のサッカーに、何かしら新しいものをもたらしていると思っています。今シーズンも、昨年のベースに新しいものを加えて戦います。私自身も、選手と同じようにタイトルを手にしたい気持ちです。ただ、やはり自分たちのスタイルを持って手にしたいと考えています。

私が率いて、ACLに関しては3度目の出場、Jリーグは2位や3位、ナビスコカップや天皇杯に関しては準優勝があり、あと少しのところでタイトルを逃してきました。そういう悔しい結果や思いをしてきたことは事実ですが、決して悪い結果とは言えないと思います。もっと突き詰めていかなければいけないのも確かですが、常に昨年を超えるために準備しています。メディアのみなさんも、サッカーを見られてきたと思うので、みなさんが見て評価していただければと思います。

サッカーは厳しいスポーツです。最終的には結果で評価されてしまいます。もちろんそうであるべきだとも思っていますが、同じ勝ちでも評価は違いますし、同じ負けでも評価の違う負けがあると、私は思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 柏戦前日会見 ミシャ監督 柏戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ