MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 ヴィッセル神戸戦前日会見

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝第1戦 vsヴィッセル神戸 試合前日のコメント

「明日は、前回リーグ戦で敗退した相手との試合なので、我々にとって難しいゲームです。内容的にもいいゲームができなかった後に、同じ相手とのゲームになるので、厳しい状況であると思います。

ここ何日かセレッソ大阪のグラウンドをお借りしてトレーニングをしました。今日はセレッソの監督さんともお会いすることができました。フレンドリーに迎え入れてくれて、こうした環境を与えてくれたセレッソのみなさんには感謝しています。彼らもJ2で厳しい戦いをしている状況ですが、今後の戦いの成功を心から願っています。彼らも明るくポジティブな雰囲気でやっているのを見て、我々もそうでなければいけないとあらためて感じました。

明日は、必要以上に悲観的になるのではなく、ポジティブな考えと雰囲気を持って試合に臨んでいくことが大事です。カップ戦は2試合で結果が出るレギュレーションですので、まずは前半であるアウェイでの神戸戦を、狙いを持ってしっかり戦っていきたいです」

【質疑応答】
(前回の神戸戦を踏まえて修正点などはあるか?)
「失点した場面や、失点には至らなかったけれどもピンチになったシーンを見ても分かる通り、すべて相手の攻撃の場面は、危険な形でボール失ってカウンターになったところから失点しています。相手がボールを持って、我々がしっかりと守備で構えている場面では、ほとんど相手にチャンスを与えていません。自分たちがボールを持った場面でどうするかというところを修正しなければいけません。ミスを連発してしまうような攻撃をしてしまっては、前回の二の舞になってしまうでしょう。

チャンスは十分に作れていました。先週の1週間を通した練習の中で、やってはいけないことを十分に話し、練習で取り組んできたわけですが、それが真逆に出てしまったところはあります。相手の策にはまらないように、自分たちの仕掛けの質や、ボールを失った後の対応を改善していきたいです」

(連戦ということで選手起用について頭を悩ませているか?)
「代表選手の3人とケガをしている槙野を含めて4人がいない中で、それほど多くの選択肢があるわけではありません。青木、ウメ(梅崎)、トシ(高木)、ズラタン、関根など、これまで試合に出てきた選手もフレッシュな選手として起用することは十分に考えられます。

連戦ということだけで、選手を入れ替えるのは意味がありません。先ほど名前を挙げた選手は、試合の中で十分に活躍でき、期待に応えられるだけの質を持った選手たちだと思っています。選手たちの組み合わせを考えながら、先発でいくのかどうかを考えていきたいです。

代表選手が抜けた今、現実的に考えられる選手はそう多くはありません。とにかく今いるメンバーでベストを尽くすことが、我々のやるべきことです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 ヴィッセル神戸戦前日会見 ミシャ監督 ヴィッセル神戸戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ