MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 ベガルタ仙台戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ1stステージ第7節 vsベガルタ仙台 試合後のコメント

「今日の試合の展開は、戦前に予想はついていました。今までもこれからも、今日のような展開のゲームは多くなっていくでしょう。相手が守備的な戦いをしてくる中で、選手たちは意図を持って狙い通りのプレーをしてくれました。

ただ、立ち上がりは相手もフレッシュな状態ということもあり、なかなか相手の穴を見つけられませんでした。もう一つは、ボールを失った後の切り替えの部分が、これまでのゲームよりも少し緩んでしまいました。選手たちは、前半から我慢をして、サイドと中を使い分けながら攻撃を繰り返してくれました。90分を通して、相手が規律をもって、我々のすべての攻撃を防ぐことは不可能だと思っていました。我慢をして、狙いを持って、繰り返し攻撃を仕掛けることができれば、必ずゴールは生まれると確信していました。

1-0でリードしたあとは、少し展開が楽になると思いましたが、すぐに失点してしまったので、選手もショックだったと思います。追いつかれた後、選手たちがどういう反応を示すのかと私は観察していました。そういう状況のときは、焦ったり、攻め急いでしまうことはよくあります。しかし、選手たちは落ち着いてやるべきことをしっかりやってくれました。そこは選手たちの成長を感じた部分です。その中から、2点目、3点目を奪うことができました。それ以外のシーンでも、もう1、2点取ってもおかしくない場面もありました。

リードした後に不必要な失点をしてしまいましたが、それは甲府戦も同様でした。疲れている中で集中力を切らさずにゲームを進められるかは、今後の課題です。今日の試合に関しては、ボールを失った後の前線の切り替えを早くしなければいけないと感じました。反省点はありますが、相手がどんな戦いをしようと、今日は自分たちの攻撃的なサッカーを貫く姿勢を見せられたと思います。

ファン・サポーターはテンポが早く、両チームが攻め合うようなサッカーを待ち望んで試合を見に来てくれます。残念ながら、片方のチームだけがそれを臨んでも、面白いゲームにはなりません。

我々と対戦する相手は、とても割り切って守備に重きを置いて現実的に戦ってくることが多いです。サポーターも相手は守備的にきてカウンターを狙ってくるという予想で試合を見に来ていると思います。マリノスとのドローゲームの後に見せたファン・サポーターのリアクションは、スコアレスドローの中でも、我々がチャレンジして攻撃を仕掛け続けたことに対する評価があったと思います。そのファン・サポーターの見方が、チームに勇気を与えていると思っています」

【質疑応答】
(我慢して崩せるようになったとのことだが、選手たち自身は手応えを感じているのか?)
「私はこの4年間で、選手たちに『君たちは素晴らしい選手であり、素晴らしいチームである』と伝えてきました。みんながチームとして自信を持って戦えば、たとえどんな相手でも勝利できると繰り返し話しました。ただ、選手たち自身が本当にそう思っているのかどうかは、また別の話です。それは選手たちが過去の経験から学び、成長することで初めて自分の中に生まれる自信なのだろうと思います。我々は、過去にリーグ優勝に近いところで戦いながら逃してきた苦い経験があります。そういう経験を繰り返すことで自信を失ってしまう選手もいるでしょう。ただ、我々は常に負けから学び成長してきました。そのことが選手たちの自信につながっています。磐田戦は、我々にとって痛い敗戦でしたが、反省から学び、次につなげました。いま選手たちが見せているパフォーマンスは、その自信がゲームの中で生きていると思います。

ミーティングでは、バイエルン・ミュンヘンやバルセロナの試合を映像で見ることがありますが、レッズの攻撃の形と似たようなシチュエーションが出てきます。私は『あなたたちの方が、このサッカーを先に始めているのだ』と選手たちに伝えています。選手たちは、自分たちのやっていることは間違いないということを、映像を見て確認できていると思いますし、自分たちの進むべき方向をより明確に示したと思います。我々は、世界を見ても最先端のモダンなサッカーができていると自負しています」

(次はアウェイでACLの試合となるが、前回よりも調子を上げてきているシドニーFCに対してもレッズらしい展開は期待できるか?)
「次のシドニーFC戦は重要なゲームになりますし、その後の川崎戦も大事なゲームであると位置づけています。もちろん2つの試合で勝利できることを臨んでいます。私は、今のチーム状況の中でどういうメンバーを組めば、バランスよく勝利に導けるかということを考えています。それは、選手と話しをしながら決めていかなければいけません。我々には質の高い選手がいる中で、どういったチーム構成でいくのかは、頭を悩ますところです。試合後であれば、どういったメンバーなら良かったということも分かりますが、監督である私は、メンバーを試合前に決めなければいけません。とても悩ましいですが、いかにチームとして連戦を乗り切っていけるのかを全力で考え、いい答えを導きたいと思っています。

そして、シドニーFC戦では勝利が求められます。なぜなら、リーグ首位で突破したいという思いがあるからです。2位ですと、おそらくFCソウルと当たる可能性が高くなります。ソウルは、アジアの中でも強いチームの中に数えられると評価していますので、1位でグループステージを抜けることが重要です。次のシドニーFCと浦項との戦いに懸かっています」

(中と外をうまく使った攻撃を見せてるが、中距離シュートが少ないのでは?)
「その通りだと思います。相手が守備的に戦ってくる中で、我々は中と外をコンビネーションを使いながら崩していく意図のもとに戦っています。練習の中でも、そういった意識付けと反復をやっていますが、選手たちは、相手の守備の形に応じて、意図を持った攻撃ができています。今日の試合でも、20mから25mのシュートは、ブロックを崩すために有効な手段だったと思います。ただ、それは今後の課題として、よりゴールに危険に迫っていくために必要なことだろうと思います。すべてを一緒にやろうとすることはできません。今後、選手たちに求めることは、このようなシチュエーションの中で、チャンスがあればミドルシュートを打っていこうという意識付けです。いかに相手の堅い守備を崩すのかは、我々にとってモチベーションになります。よりアイデアを持って、多くのバリエーションを持ってゴールを奪えたら、我々はもっと危険なチームになれると思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 ベガルタ仙台戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ