MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督 サンフレッチェ広島戦前日会見

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節 サンフレッチェ広島戦 試合前日のコメント

「シーズンも終盤に差し掛かり、残り5試合は、常に次のゲームが難しくなっていくと思います。明日は広島戦ですが、それが終われば次のガンバ大阪、そしてそれが終わればと、とにかく一試合一試合、次のゲームが常に厳しい難しい試合になります。

明日対戦する広島は、戦い方の統一されたチームです。非常に規律があり、粘り強く戦ってくるチームです。そして、堅い守備から、ボールを奪って鋭いカウンターを狙ってきます。我々は相手の戦い方をしっかり頭に入れて、明日勝利するために、常に全力で戦わなければいけません」

【質疑応答】
(宇賀神が週の初めに別メニューだった経緯と最近槙野が不在の中で、普段と違うポジションに取り組む評価は?)
「宇賀神に関しては、まだ若干足に痛みがあるということですが、明日のギリギリまで状態を見極めて、起用するかしないかを判断しようと思います。

宇賀神が3バックの左のポジションでいいプレーが出来ていなければ、決して続けて起用することはありません。非常にいいプレーを続けてくれています。彼の能力であるならば、あのポジションでもワイドのポジションでも十分にそつなくこなせる能力のある選手だと評価しています。

全員の選手がフィットしている状態で、試合に臨むのが理想的ですが、やはり長いシーズンの中で、ケガや出場停止で誰かが出られないということがあります。その中で、いかにチームとしてやり繰りしながら戦っていくかです。そういう中で、彼を起用しています」

(今週は雨が続き、選手のコンディションを作るのが難しかったと思うが?)
「このような天気や気候の中で準備することは簡単ではありません。前節のFC東京戦の前にもコメントしましたが、日程が非常にタイトですし、夏場の気温が高い時期での試合で、選手たちは疲労が蓄積したと思います。それに加えて、今週は非常に雨が多く、簡単な状態での準備ではなかったです。とにかく我々は、与えられた環境の中で、準備してやっていくしかありません。

浦和レッズというクラブは、常にルヴァンカップ、天皇杯、リーグ戦で勝利が求められるチームです。もちろんプレッシャーはつきまといます。ただ、どんな状況であれ、やっていかなければいけません。とにかく与えられた環境の中で全力を尽くすだけです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ミシャ監督 サンフレッチェ広島戦前日会見 ミシャ監督 サンフレッチェ広島戦前日会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ