MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督と阿部が全北現代戦前日公式会見に出席

4月2日、埼玉スタジアム2002のボールルームにて、AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ第3戦の前日に公式記者会見が開かれ、ミシャ監督とキャプテンの阿部勇樹が出席し、明日の試合への意気込みを語った。


ミシャ監督
「ACLの戦いということでコメントすることが前回と変わらない部分が多いのですが、ACLはアジアで最高峰の戦いであり、すべてすばらしいチームが相手です。全北現代もすばらしい相手であることは変わりません。2006年にACLを優勝しているチームであること、そして、我々はその翌年に優勝をしているわけですが、明日は勝利が必要なゲームです。非常にハードで厳しいゲームになると思います。我々は明日のゲームがホームということで、サポーターとともに全力を尽くしたいです」


阿部勇樹
「とても大事な試合の一つだと思います。続けて来週にもアウェイで対戦するので、ここでしっかり勝ってまた次の試合に向けて戦っていきたいと考えています」


【質疑応答】
(ミシャ監督に質問ですが、明日の試合で大事になるポイントは?)
ミシャ監督
「とにかく大切なことは我々が自分たちのサッカーをやりきること。相手がどうではなく、自分たちがどうかということ。ベストを尽くして、それでも相手が上回れば、相手を尊重するだけです。日本では、相手をどう止めるか、ということにスポットを当てて考えますが、我々は常に自分たちがどうするかということを考えます。浦和レッズはすばらしいチームであり、我々は自分たちのサッカーをするべきだと考えています」

(阿部選手に質問です。相手との対戦経験がありますが、印象を教えてください。また韓国チームの印象も教えてください)
「2007年の戦いを経験していますが、結構時間が経っていますし、あまり記憶にないです。ただ、前年優勝していたので、燃えるものがあったことを記憶しています。韓国サッカーに関しては、フィジカルが強く球際が激しい印象です。明日の試合でも大切になると思うので、しっかり戦っていきたいです」

(阿部選手に質問ですが、今回特に警戒している選手はいますか)
「全員の選手を警戒しなければいけないと考えています。1人だけを注意してほかの選手を甘くみてはいけないと思っていますから、全員にリスペクトを持って臨みます」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ