MENU

トップチームトピックス

ミシャ監督「浦和の方向性を示す」

2012シーズン、初トレーニング後、ミシャ ペトロヴィッチ監督コメント

(今日の初練習を終えて感想を)
ようやく、トレーニングを始めることができました。それをうれしく思います。今日のトレーニングを見ていただいてもわかるとおり、初日のトレーニングに対して各選手がしっかりと準備をしてきたかなと思っています。今日、よく走りましたが、これが続いていくことになります。

(新しい環境でのトレーニングはどういった感想ですか)
私は日本で、他のチームで働いていました。環境は変わって、少し実感がわかず、不思議な感覚なんですが、ここも素晴らしい環境でトレーニングができます。素晴らしい選手たちとともに、しっかりと自分も切り替えて励んでいきたいと思い、今日に臨みました。

(報道陣も多く、外からの期待がうかがえると思うが?)
浦和は、やはり日本で最も人気のあるチームですし、みなさんの期待が高まっているのは理解できます。ただ、注目を集めるチームですけど、地に足をつけてやっていかなくてはなりません。ここ4年くらいはうまくいかない状況が続いているので、サポーターのみなさんの期待にこたえるために、日々トレーニングに励んでいかないといけないと思っています。

(トレーニングを始めるにあたっては、選手たちにどんな話をしましたか)
選手、あるいはサポーター、クラブの関係者は、非常に厳しいシーズンを過ごしたのだと思います。我々は、その経験からしっかりと学んで前を向いて、オプティミスティックに考えて行かなくてはいけないですし、自分たちの行く方向性を示して、それに向かっていかないといけないという話はしました。

(チームがスタートした中で、今季をどういうシーズンにしたいですか)
私自身、何かをする前に、約束するタイプではありません。言うのは簡単ですが、それを実現することはなかなか簡単ではありませんから。
私自身が目指すところは、これが浦和のサッカーだという方向性をしっかり見せること、それをやっていくことです。その結果がどうなるかというのは、誰もが前もって約束することは難しいでしょう。みなさんが「タイトル」という言葉を耳にしたいのはわかります。ただ、そこに行き着くまでと言うのは、一つひとつのハードワークであり、積み重ねが大切です。我々が目指すところと言うのは、これまでと違ったサッカーを見せること、我々の力を示すことです。結果がどうなるかというのは、シーズンが進んでいくうちにわかるでしょう。時間の経過とともに、見ていきましょう。

ミシャ監督「浦和の方向性を示す」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ