MENU

トップチームトピックス

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)「終了間際の得点で初優勝を果たす」

15日、スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMAが行われ、浦和レッズは、ブラジルのシャペコエンセと対戦した。

本大会は、2016JリーグYBCルヴァンカップの覇者であるレッズと、コパ・スダメリカーナ2016のチャンピオンであるシャペコエンセが、大陸をまたいで行うタイトルマッチ。小雨模様の埼玉スタジアムで19時にキックオフされた。

レッズの先発はGK榎本、3バックの中央に移籍加入後初出場となるマウリシオが入り、右のストッパーに森脇、左に槙野。ダブルボランチは阿部と柏木、右ワイドに駒井、左ワイドに宇賀神。1トップ2シャドーにはズラタン、ラファエル シルバ、武藤が入った。

試合は互いに様子を見ながらの立ち上がり。4-4-2の布陣でバランス良く守ろうとするシャペコエンセに対し、レッズは自陣からボールをつなぎ、中央とサイドを巧みに使い分けて敵陣を崩していこうとする。時間が進むにつれて互いに狙いがはっきりとしていく中で、40分ごろからレッズが相手の裏を狙う攻めがうまくいきはじめ、チャンスが生まれる。

42分にはFKからズラタンがヘディングシュートを打つがこれはGKにキャッチされる。逆に44分にはシャペコエンセの左クロスからFWトゥーリオ デ メロにヘディングシュートを打たれたが、これは枠外。また、アディショナルタイムには相手のカウンター攻撃に対し、マウリシオが良いタイミングでチャレンジし、ボールをカットするなど、互いに譲らず、0-0で前半を折り返した。

後半が開始すると、ややシャペコエンセが圧力を出してくる。59分にはカウンターからシャペコエンセのアルトゥール カイケにDF2人を引きずりながらシュートを打たれたが、榎本がナイスセーブした。

さらにシャペコエンセがフレッシュな選手を交代で入れてくる中、レッズは65分、森脇と駒井を下げて遠藤と菊池を投入。遠藤は右ストッパー、菊池は右ワイドに入った。78分には宇賀神に代えて平川を入れ、平川が右ワイド、菊池が左に移った。

互いに集中した守備を見せ、決定機を作らせずに膠着した流れが続いていたが、試合は終盤に動いた。ペナルティーエリア内でズラタンが倒されてPKを獲得すると、後半アディショナルタイムの90+4分に阿部がPKをきっちりと決め、1-0と先制。

レッズはその後、ズラタンと武藤を下げてオナイウ阿道と長澤をピッチへ。シャペコエンセは長身195センチのDFルイス オタビオが前線に上がってパワープレーを仕掛けてきたが、最後まで守り抜いたレッズが1-0で勝利を収めた。

試合終了後は阿部がシャペコエンセのグローリ主将と肩をたたき合い、武藤やズラタンらが相手選手とユニフォーム交換をするなど、互いに健闘をたたえ合う姿が見られた。

また、表彰式後にはレッズのゴール裏からシャペコエンセのチームカラーである緑色のシートとふたたびどこかの大会で会おうという再会を願ったエールのメッセージが掲げられ、シャペコエンセの選手からも拍手が起こっていた。

レッズの次戦は8月19日(土)19時より埼玉スタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第23節 FC東京戦となる。

【阿部勇樹】
(試合を振り返って)
「難しい試合でしたが、シャペコエンセといい試合ができたと思います。大勢の方にスタジアムに来ていただいて、いい雰囲気の中で試合ができました。試合後もファン・サポーターの方々がメッセージを発信してくれたので、忘れられないゲームになりました」

(シャペコエンセと戦った印象は?)
「一歩一歩前に進んでいるチームだと思います。対戦していても、背負っているという気持ちが、ぶつかっていて感じることができました。プレーしていて楽しいゲームでしたし、とてもいいチームだったと思います」

(球際も激しかったが?)
「体格の面では劣るかもしれませんが、チームみんなで戦って、声を掛け合いながらできたことが、無失点につながったと思います。最後はPKという形での決勝点でしたが、無失点で抑えられたことはよかったです」

(PKはラファエル シルバ選手も蹴りたそうにしていたが?)
「もちろん気持ちは分かっていました。彼と話しをして譲ってもらいました。譲ってもらったからには外すことはできないですし、彼の蹴りたい気持ちも一緒に蹴ったので、入ってよかったです」

(堀監督になってすぐにタイトルを獲れたことについて)
「シャペコエンセのようなチームに無失点で勝てたことはよかったです。またリーグ戦やACLも始まるので、この経験をいろいろな大会に生かしていかなければいけません。この戦いを無駄にすることなくつなげていきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)「終了間際の得点で初優勝を果たす」 スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)「終了間際の得点で初優勝を果たす」 スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)「終了間際の得点で初優勝を果たす」 スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)「終了間際の得点で初優勝を果たす」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • 三菱パワー
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ