MENU

トップチームトピックス

コラム「15年前の今日(5月28日)」

1997年の5月28日(水)、浦和レッズは駒場スタジアムで柏レイソルにVゴール勝ちし、このシーズン初めてリーグ戦のホームゲームで白星を挙げた。
1997シーズン、レッズは苦戦していた。苦戦というよりは苦心していたと言った方がよいかもしれない。リーグ戦開幕前に一気に行なわれたヤマザキナビスコカップ予選リーグでは2勝4分けで勝ち抜き、リーグ閉幕後の決勝トーナメントを待つばかりだった。
しかしリーグ戦では第10節まで3勝6敗(第9節は雷雨で中止・延期)と負けが込んでいたのに加え、3勝はすべてアウェイで、4試合あったホームゲームはすべて敗れていた(1試合は国立)。第7節、駒場での鹿島戦を落とした後は、名古屋戦(瑞穂陸)、磐田戦(現ヤマハ)と、ついにアウェイでも勝てない状況になった。
このシーズンは、1995年、1996年にオジェック監督の下、勝てるチームに変貌したレッズが、さらに優勝を目指せるチームにステップアップしようと、ホルスト・ケッペル監督を招へいし戦術の転換を図っていた。しかし満員のホームゲームで勝利を見られない試合が続き、ファン・サポーターにはストレスがたまっていた。
第11節の柏戦。先発はGK土田尚史、DF堀孝史、ブッフバルト、ボリ、杉山弘一、MF土橋正樹、西野努、礒貝洋光、池田伸康、FW岡野雅行、福田正博。19時のキックオフと同時に、レッズは積極的に動いた。前節から先発に入るようになった池田伸康が元気に動き回り、多彩な攻撃に絡んだ。しかし前半は無得点で、後半早々に先制されてしまう。その後、相手の退場で数的優位に立ち、29分に同点に福田のゴールで追いつくが、44分に勝ち越しゴールを奪われる。
ホーム5連敗、リーグ4連敗は決定的に見えたが、ロスタイムにブッフバルトがミドルシュートを決め、延長に持ち込んだ。
延長前半は両者決め手なく、後半9分、ブッフバルトの縦パスを途中出場の広瀬治がつなぎ、福田が走り込んでゴールに流し込んだ。このシーズン初めての延長戦を制し、初のホームゲーム勝利。連敗も3でストップした。
その後、第1ステージの勝敗は8勝8敗まで戻し、ホームゲームの成績も3勝5敗まで回復した。リーグ戦の悪い流れを断ち切る貴重な勝利の日だった。
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」 コラム「15年前の今日(5月28日)」

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ