MENU

トップチームトピックス

オズワルド オリヴェイラ監督 C大阪戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第17節 vsセレッソ大阪 試合後のコメント

「予想通り難しい試合になりました。非常にレベルの高い相手と対戦しました。相手がファーストプレーでチャンスをモノにし、少しゴールのショックが私たちにとって大きかったかもしれません。その後、私たちのゲームプランどおりに進めていくことが少し難しくなりました。しかし前半のうちにその形に持っていくことができ、チャンスもつくることができたと思います。後半は完全に支配することができ、もっと得点すべき内容だったと思います。押し込んでたくさんの決定機をつくりましたけれど、不運なことにそれが得点につながることはありませんでした」

[質疑応答]
(後半は流れの中から少なからずチャンスがあったが、最後に決めきるためにはチームにどのようなアプローチが必要か?)
「きょうはファブリシオにとって初の試合となりました。そして彼が周りの選手たちとまだ順応していく段階であり、さらにチーム全体として水曜日のゲームからあまりあいだの日数がなかったので、少し回復のところも難しかったのかなと思います。

あまり練習する日数もなかったというこの試合でしたけれど、次の試合に向けて1週間空きますので、その中でファブリシオがどんどんこのチームに馴染んでいけばと思います」

(遠藤 航選手がこの試合を最後にチームを離れるが、ファミリーとして、監督としてどのような言葉をかけたのか?)
「浦和レッズのことのみを考えると、非常に悲しい出来事ですが、彼はすばらしい選手だと思っておりますので、どこに行ってチャレンジしても必ず成功すると思っています」

(リーグは全体の半分が終わったが、ここから上位に上がっていくためにより必要になる部分は?)
「チームとしてもっと機能することだと思います。そういった意味で遠藤が出ていくのは少し痛いですが、彼の代わりに出場する選手が必ずいい方向へもっていってくれると思います。ファブリシオも来たばかりのところで、チームプレーという意味ではさらに馴染んでいくでしょうし、今ケガで治療している選手たちも後半戦の中で戻ってくると思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 C大阪戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ