MENU

トップチームトピックス

オズワルド オリヴェイラ監督 名古屋戦試合後会見

明治安田生命J1リーグ 第16節 vs名古屋グランパス 試合後のコメント

「非常に難しい試合でした。名古屋グランパスには、非常に質の高い選手がそろっていると思います。そして中盤で質の高いボール回しができるチームです。また、能力の高いFWがいますので、相手チームにとってやりにくいチームだと思います。だからこそ、このような強いチームと対戦したところで、組織的に守ることができ、相手を止めることができた、価値のある勝利だと思います」

[質疑応答]
(今日の試合のポイントは2つあったと思う。3点を決めたセットプレーと、相手がバイタルエリアを攻略しようとしてきたところをどう守るか、という点については?)
「セットプレーというのは、いくら練習してもし足りないというくらい、最近のサッカーでは得点が生まれています。選手たちが向上心を持って、トレーニングしてきた成果だと思います。

守備に関して、バイタルエリアの話が出ましたが、前半はガブリエル シャビエル選手がそこを使ってバーに当てる場面と、相手の得点になった場面がありました。そこは後半に修正できたと思います。ハーフタイムにその点を修正しました。後半、ガブリエル シャビエル選手のシュートがあった記憶はありません。より、しっかりマークができていたと思います」

(後半23分に、宇賀神に代えて阿部を投入した。そのときはまだ1ー1だったが、阿部の投入のときにどうやろうとしたのか、それから2点目が決まったことで、どう動こうとしたのかは変わったのか?)
「まず、フォーメーションを変えようということで阿部を投入しました。ディフェンスラインの前のところの形を変えました。阿部を入れることによって、武藤をより(興梠)慎三の近くに押し上げることができ、より近い距離でプレーすることによって、カウンターもより良い形で仕掛けることができたと思います」

(今日得点した遠藤と槙野はワールドカップ帰りで結果を出したが、ワールドカップを経てどう変わり、どんな影響があったと考えているか?)
「彼らのことをワールドカップ前後でどこまで変わったかを語るには、私が彼らと接する時間はあまりにも短いと思います。もともとチームに協力するという感覚を持っていて、声を出しながら他の選手にも自信を与えるタイプの選手たちですから、その選手たちが得点することにより、それが勝利につながったということは、チーム全体にいい影響があると思います」

(コーナーキックが重要ということだが、今日は相手のコーナーキックの守備を分析し、それに対する対策をしたのか? あるいは単に相手がマークを外しただけだったのか?)
「まず、練習では攻撃のコーナーキックで、どのチームと対戦しても共通するところを練習しています。ジョー選手のような背の高い選手、またはセンターバックの2人、ボランチの9番など、とても力強い選手たちが守っているところで点を取ることができたのは、柏木の蹴ったボールが良かったからだと思いますし、そうしたマークを外した選手たちの力だと思っています」

(今日はボールを回すグランパスに対し、狙ったところで3人ぐらいでプレッシャーをかけていた。それはトレーニングしていなければできないことだと思う。また、今日のマルティノスはすばらしいプレーをしていた。それらの点については?)
「マルティノスは練習でも攻守においてがんばりを見せています。この高温の中でかなりハードワークをしていて、最後の方は少し疲れが見えたので交代しました。もちろん、相手のディフェンスラインの近くでプレーする選手というのは、どうしても試合の中で疲れやすくなりますけど、試合に出ていた時間の中では、今日はいいパフォーマンスを見せていたと思います。

守備については、ワールドカップでご覧になられたように、相手のミスを待つ守り方が少し増えてきている傾向があると思います。片方を切りながらピッチのサイドに追い込んで、そこでできるだけ高い位置で奪おうとしますから、ラインが高くなると思います。高い位置でボールを奪えれば、相手ゴールに近いところからのカウンターを仕掛けることができるので、それが狙いになっていると思います。それが、このワールドカップの特徴でもあったと思います。

その守備の仕方と、セットプレーですね。ワールドカップではセットプレーから60ゴールくらい生まれています。セットプレーからたくさんのゴールが生まれ、相手のゴールに近いところで奪ってからの速攻からも点が生まれました。相手がビルドアップしているところで奪うというのも、ひとつの特徴だったと思います。

本日の試合でも、前半だけで、青木、武藤、興梠、マルティノスと、それぞれ1回ずつ、ボールを奪った後の速攻から背後に飛び出して、形をつくることができました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 名古屋戦試合後会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ