MENU

トップチームトピックス

『Presented by airweave 浦和レッドダイヤモンズトークショー』に阿部、森脇、宇賀神が参加

25日、埼玉県越谷市のイオンレイクタウン kazeモール 1階 翼の広場で、浦和レッズのプレミアムパートナーである株式会社エアウィーヴによる「Presented by airweave 浦和レッドダイヤモンズトークショー」が開催され、阿部勇樹、森脇良太、宇賀神友弥が参加。2回のトークショーで、のべ1,500人以上の方々が、3選手の掛け合いや、テンポの良いトークを大いに楽しんだ。





トークショーの司会進行は、ホームゲームの場内放送を担当する、朝井夏海さんが務めた。開始前には、株式会社エアウィーヴの松田孝裕 代表取締役社長が登壇し、今年8月にイオンレイクタウンkazeにできた、全国初の総合ショップを紹介。「ぜひショップにお立ち寄りいただき、寝てみて、どんな感じかを体感してください」と、来場者に呼びかけた。



続いて、宇賀神、阿部、森脇が大きな拍手に迎えられて登壇し、トークショーがスタートした。最初は、前日に行われたFC東京戦の勝利について振り返り、選手たちは「勝ってこのトークショーに来られてよかった」と笑顔を見せ、その後は、日頃のコンディション作りの話題となって、選手たちはトレーニング後の過ごし方について、ユーモアを交えながら語った。そして睡眠に関する話題に移ると、2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会以来、エアウィーヴを愛用している阿部が「起きたときに体が楽なんです。外国の、柔らかすぎたり固すぎたりするベッドでも、これを敷くことでいつも通りの眠りにつけますし、今も遠征先に持っていっています。なくてはならないものです」と、その魅力を説明していた。



また、8月に発表された「New エアウィーヴ」が会場に用意され、森脇や阿部が寝心地を確認した。森脇は「ふわふわで、寝返りもすごく楽ですし、すぐに睡魔に襲われそうです。これは寝てみないと分からないと思うので、ぜひ寝てみてください」と、感想を語った。





トークショーでは、グッズの当たる抽選やクイズ大会も行われ、来場された多くの方々が参加。選手に指名され、クイズに正解した方には、3選手のサインが入ったレプリカユニフォームやボールがプレゼントされていた。

最後には3選手からひと言ずつ挨拶があり、トークショーに来場された方々へのお礼と、リーグの残りホームゲーム2試合への来場呼びかけ、シーズンの残り試合に向けた力強い決意表明が行われ、大盛況の内に、トークショーは終了した。

エアウィーヴ 公式サイト
https://airweave.jp

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ