MENU

トップチームトピックス

『レッズランドdeクリスマス!2014』に5選手が参加

13日、今年で6回目となる『レッズランドdeクリスマス!2014』がレッズランドで開催され、トップチームから李 忠成、興梠慎三、阪野豊史、レッズレディースから竹内 希、千葉望愛の合計5選手が参加した。



浦和レッズのシャツを身に着けた、さいたま市PRキャラクターの『つなが竜ヌゥ』も来場し、和やかな雰囲気に包まれた。親子連れを中心にした138名の来場者を前に、代表して阪野が「今日はクリスマスパーティを楽しみましょう!」と挨拶してイベントがスタートした。





まずは、浦和出身でFC浦和の一員として全国優勝の経験もあるシンガーソングライターのyukkyさんのグループ『And yu』のミニLIVEが行われた。クリスマスソングの定番である『ジングルベル』でクリスマスムードが演出され、参加者たちが手拍子で参加できる曲や、サッカーにちなんだ曲、オリジナルの曲などが演奏され、最後にはyukkyさんと参加者のリフティング対決も行われて会場が盛り上がった。







続いては、5人の選手たちによる似顔絵対決。来場したヌゥのイラストを描いた場面では、李のイラストに大きな拍手が起こった。その後お題は、チームで一番天然な選手、トップチームの阿部勇樹キャプテンと続き、千葉が会場から最も多くの拍手を受けて優勝となった。じゃんけん大会、二択クイズと進行していく中で、千葉が一発芸を披露するなど選手たちからもイベントを盛り上げ、ゲームを通じて笑顔を見せながら参加者たちとの交流を楽しんでいた。



そして、日本を代表するパティシエで数々の国際コンクールでの入賞した実績を持ち、ミシャ監督の誕生日パーティにはバースデーケーキも製作したというレッズのファンでもある朝田晋平シェフによるレッズランド特製クリスマスケーキが登場。全員でケーキを囲んで乾杯すると李、阪野、竹内がケーキを取り分け、興梠と千葉から参加者に手渡された。おいしいケーキに参加者も喜び、選手たちも笑顔になっていた。







最後は、プレゼント抽選会のコーナーへ。レッズのオフィシャルグッズのほか、選手のサイン入りスパイクやユニフォームなど盛りだくさんで、李が抽選くじを引き当選者には興梠と阪野からプレゼントが手渡された。会場は番号が読み上げられる度に一喜一憂し、大きな盛り上がりを見せていた。最後には5人がそれぞれ挨拶。興梠が最後まで参加者たちを大きく盛り上げ、全員とのハイタッチでお見送りをして終了した。


【李 忠成】
「こうやってサポーターとの触れ合いを浦和レッズとしてやっていくことが、地域密着にもつながると思います。慎三が衣装も着た方が盛り上がるんじゃないかと言ってくれたのでみんなで着ましたが、参加できて良かったです。まだ早いですけどみなさんメリークリスマス!」

【興梠慎三】
「いつも応援してくれる方が来てくれてすごく楽しかったです。みんなの絵心のなさにビックリしましたね(笑)。今年は結婚し子供もできたので、シーズンオフには3人での時間をたくさん作りたいですね。少し早いですけど、メリークリスマス!」

【阪野豊史】
「普段、こうやってサポーターの皆さんと触れ合う機会がないので、とても楽しかったですし良かったです。来年も期待に応えられるようにがんばります。みなさん、メリークリスマス!」

【竹内 希】
「こういうイベントにあまり参加する機会が無かったので、サポーターの皆さんと近い距離で触れ合えたのが楽しかったです。レディースの2人も、もう少し衣装を用意できたら良かったですね。絵心のなさが出てしまったので(笑)、修行してきます」

【千葉望愛】
「こういう場でサポーターの皆さんと触れ合うことや、トップチームの選手と一緒にイベントをするのは良い機会ですし、レディースのことを知ってもらえるということもあると思うので、これからも積極的にやっていきたいです。一発芸は、田尻(有美)選手から直前にアイディアをもらいました(笑)」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • 凸版印刷
  • DHL
  • ミンカブ・ジ・インフォノイド
  • NEXT PROTEIN
  • チケットぴあ