MENU

トップチームトピックス

『クレヨンしんちゃん』とのコラボイベントに西川、槙野、阿部、興梠が参加

14日、『クレヨンしんちゃん』と浦和レッズのオンラインコラボレーションイベントに西川周作、槙野智章、阿部勇樹、興梠慎三が参加した。

昨年に引き続き、浦和レッズと同じ埼玉県にルーツを持つ『クレヨンしんちゃん』と『夢』のコラボレーションが実現。4月23日(金)に公開される『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』で重要な役割を果たす主人公の野原しんのすけ君を含む『カスカベ防衛隊』と今回出演した4選手にトーマスを加えた5選手が『浦和レッズ防衛隊』としてオリジナルで書き下ろされ、グッズなどを展開する。



花の天カス学園の制服を着たしんちゃんに対し、選手たちはコラボTシャツを着て参加。昨年のイベントでJ1リーグ通算150ゴールを決めた際のゴールパフォーマンスを約束し、実現させた興梠は、「恥ずかしかったよ。カメラを探したからね、ゴールを決めた瞬間」と笑い、選手たちがしんちゃんのものまねをするなど、和やかな雰囲気でイベントはスタートした。

しんちゃんからの質問のコーナーでは、今回の映画がシリーズ初の本格(風)ミステリーということもあり、「最近、レッズのみんなに起きたミステリーを教えて」と聞かれると、新加入でミステリアスな雰囲気をもつ西 大伍についての話題に。興梠は「変わり者。付き合いは長いけど、何を考えているか分からない」と話すと、西川と槙野は「(西は)おもしろい」と声をそろえた。

同じく映画のテーマになっている「青春」についての話題になると、阿部からは「告白したこと。なかなか言えなかったり緊張したり、だいたい失敗したけど、いい青春の思い出」という発言が飛び出した。

また、西川は中学生時代に学校帰りにラーメンを食べにいったこと、槙野は中学生時代の新聞配達のアルバイト中によく聴いていた後藤真希さんの『愛のバカヤロウ』を聴くと今でも当時を思い出すこと、今回の参加選手の中で唯一、高体連出身の興梠は全国高校サッカー選手権出場を目指していたことが青春だったと明かした。





しんちゃんからの質問コーナーの後は4選手のしんちゃんの似顔絵コーナーを経て、しんちゃんから友達の証として4選手にカスカベ防衛隊のバッジがプレゼントされた。対して、レッズからはしんちゃんにサイン入りのコラボTシャツと4選手が描いたしんちゃんの似顔絵をプレゼントすることを約束した。



さらに、4月25日(日)に埼玉スタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ 第11節 大分トリニータ戦で勝利した際には、映画のポスターにもなっている人差し指を前に突き出したポーズをすることも約束。選手たちもリラックスしながらしんちゃんと交流し、イベントは終了した。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

4月25日(日) 明治安田生命J1リーグ 第11節 大分トリニータ戦(16:00・埼玉スタジアム)
試合情報・イベント情報はこちら→https://www.urawa-reds.co.jp/game/match_info/?game=1610

チケット絶賛発売中!!
詳細はこちら→https://www.urawa-reds.co.jp/ticket/2021/20210425ticket.php


PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ