MENU

トップチームトピックス

「非常に厳しくハードなゲームになる」ミシャ監督

Jリーグ第7節 大宮アルディージャ戦 前日のコメント

「前節の前日記者会見でも言いましたが、非常にJリーグは拮抗した力のリーグで、勝敗はどちらに転ぶか分からないことがほとんどです。そしてそれが同じ街のダービーという試合であれば、難しい試合になることはみなさんもご存じのことだと思います。
両チームとも上位での対決になり、非常に厳しくハードなゲームになるでしょう。今季に入って6試合、大宮は負けていませんし、安定した試合をしています。我々も5勝1分けと、いい戦いができていると考えています。そうした流れの中で戦うダービーですから状況を考えると、非常に興味深く、注目されるのも分かります。
浦和レッズで仕事をする人間、レッズを応援するサポーターにとっては、いかに明日が大切な戦いかというのは、私も含め、それぞれが理解しています。
私は、浦和レッズの監督として、とにかく自分たちの出せるすべてを見せて、ポジティブな結果を残せるようにしたいと考えています」

【質疑応答】
(大宮の不敗記録が続いています。監督は広島でも鹿島の不敗記録を止めていますが、いかがでしょうか)
「ちまたでは昨シーズンから数えて17試合負けなし、ということで伝えられていますが、私は今シーズンに入っての6試合の負けなしとしかとらえていません。大宮は昨シーズン、残留争いをしている中でそうした結果を残していて、それは今シーズンとはまた違うものでしょう。
私自身は記録のために戦うわけではなく、3ポイントを取るために戦います。
ただし明日勝ったからと言って何かが変わるわけではありません。残りの試合も継続して戦うだけですし、我々が求めているものはもっと先にあります。それを目指して戦っていくだけです。
最近感じるのは、対戦相手からの浦和というチームへのリスペクトです。それは昨シーズン1年間を戦ってきた結果のリスペクトです。大宮にも17試合負けなしという記録でのリスペクトがあるかもしれませんが、今季1年間戦ってから初めて大宮をリスペクトするか判断できるのではないでしょうか。
私たちは昨シーズン戦って3位という結果を残しました。その中で6試合の戦いを見せて、周囲の人たちは、今シーズンも浦和は行けるな、と感じられた方が多いと感じています。それは昨シーズンの1年があり、そして今シーズンを見ての結果からだと思います」

(ベルデニック監督に対しての印象は?)
「私はどの指導者の方にもリスペクトを持っています。各チームの指導者の方を悪く言うことはありません。ズデンコさんにもリスペクトを持っています。それぞれの監督は競争相手であり、助け合う関係であると考えています」

(大宮は守備が堅いという評価があるが?)
「我々は、相手がどういう相手であれ自分たちのスタイルで戦います。細かいところで、こうした方がいい、こういうふうにゲームを進めようということはありますし、対戦相手によって細かいところの変化はありますが、我々のベースとなるスタイルは変わらない。
毎試合、毎試合、メディアの取り上げ方でいかに浦和の攻撃を止めるかというのが多いと思うのですが、これからもそうであれば幸せに思います。
どこかの監督さんが浦和を攻撃で上回ろう、そうした記事が出たら、感慨深い感情を持つでしょう。多くの相手は、どう守るかということを考える傾向にあるからです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「非常に厳しくハードなゲームになる」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ