MENU

トップチームトピックス

「最後まで勝利を目指して戦った結果」ミシャ監督

Jリーグ第9節 vs柏レイソル 試合後のコメント

「両チームにとっていいゲームだったと思います。我々は最後まで攻撃を仕掛けましたが、3失点目を喫してしまいました。前節の川崎戦でも、フリーキックの場面で壁を邪魔したという判定でノーゴールとなり、この試合でも、非常に微妙な判定だったと思いますが、PKを取られてしまいました。ここ2試合で少し運がないのかなと思います。選手たちは最後まで勝利を目指して戦った結果だと思います」

【質疑応答】
(浦和が勝ってもおかしくない展開だったが、勝敗を分けたポイントはどこか?)
「シュートがバーに当たった場面でゴールできていれば勝敗は変わっていたかもしれませんし、そういった際どいシュートが入るかどうか、そういった違いがあるのもサッカーです。逆に、相手のそれほど多くなかったシュートシーンの中でも、きれいなボレーシュートが入ったり、そういった違いがあったのではないかと思います。今日は引き分けで1ポイントを取れたかもしれませんが、3ポイントを目指した結果だと思っています。我々は引き続き攻撃的なサッカーを続けていきますし、どこかで今日失ったポイントを取り戻していくつもりです」

(レイソルの同点ゴールが入るまではサッカーの内容で若干押され気味だったと思うが、1-1になった後に我々が期待するレッズのサッカーができていたように見えたが?)
「柏というチームは、規律、運動量、球際の激しいチームです。その柏が我々の攻撃を受けて、しっかり守ってカウンターを仕掛けてくるだろうというゲーム展開になると予想していました。そういう中で、我々は我慢をしながら1-0でリードすることができました。後半は、相手はリードされているので圧力をかけてくるだろうと予測していました。そういう中で押されてしまうシチュエーションがありました。そこから我々はまた自分たちのサッカーを始めるわけですが、なぜリードしてアグレッシブに戦っている方が受けてしまうのか、それは世界中のサッカーを見ても起こることですが、その部分はなかなか説明がつかないところでもあると思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「最後まで勝利を目指して戦った結果」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ