MENU

トップチームトピックス

「連戦だが、中断前最後の試合を勝利で終える」ミシャ監督

Jリーグ第9節 ベガルタ仙台戦、前日のコメント

「いつも目新しいことを言おうと思いますが、なかなかこれといって言えるわけではないんですが(苦笑)。毎試合が厳しいゲームです。ベガルタ仙台は昨年2位で実力があり、コンパクトで激しいゲームを行ってくるチームです。相手は前の試合で敗れていますし、中断前の最後のゲームということでどうしても勝ちたいという強い気持ちで来るでしょう。もちろん我々も中断前の最後の試合ですから勝利して終えたいという強い気持ちがあるのは同じです。連戦ということですが、1日仙台よりもタイトな日程ということで、1日多いか少ないかというのはサッカーでは大きな違いですし、我々としては運動量の部分で、しっかり負けないようにしていきたいと考えています。それができれば我々のやりたいことというのはピッチで表せると考えています。今日の選手たちの表情を見る限り、明日も非常に強い気持ちを持って臨んでくれると思います。最後まで勝利をあきらめず、戦ってくれると思います」

【質疑応答】
(平川の選手の状態は?)
「平川に関しては、先日の試合で左足首をケガしたということで明日の試合に出場することは難しいです。平川はここまでよいプレーを見せてくれていましたし、チームとしては痛いことです」

(明日で中断期間に入りますが、今のリーグの現状はどう思っていますか?後半戦優勝争いに向けて後半戦どう戦っていけば上位に立てると思いますか?)
「今シーズンを見ても引き続き、Jリーグが厳しいものであることを示していると思います。昨年ガンバ大阪が降格した事実を見ても、各チームの力が拮抗している厳しいリーグだということです。
 大宮が首位であること、というのは決してサプライズではないと思います。ここ数年を見ても最も選手獲得に投資をしているチームですし、外国籍選手も高額な選手です。磐田に関しては、彼らが見せているパフォーマンスに見合わない順位にいると思います。それほどこのJリーグは拮抗しているということです。ここまで12試合を戦ってきた中で、私は非常にコレクトな戦いができていると思います。13試合目の明日のゲームに勝利して終えることを我々は目標にしていますが、そうなれば良いと思います。我々は結果だけではなく内容も求めて戦っています。我々の示すサッカーに対してファン・サポーターの方たちも見方が変わってきていると思いますし、よい方向に進んでいるということは昨年に引き続き示せているのではないかと思います。とにかく明日のゲーム、13試合目のゲームを全力で戦い、ここまでの流れをよしとして終わりたいと考えています。後半に入って、我々のチームがいかに上位で戦っていくかということですが、いかに中断期を効果的に使うかということだと思います。6月23日にはナビスコ杯が始まりますが、それまでにいかによい形で中断期間を使うか。よい練習をして、後半戦に望めるかということが、リーグでよい成績を残していくために必要だと思います。試合までにいかに時間を取って練習をしていくか、ということが大切です。
いかに練習が大切かということです。とにかく1日に1ミリでもいいから前進をしたい。それによって自分たちがさらに成長し、上にいくために、ハードワークをしていきたいと考えています」

(明日の試合が終われば短いオフがあると思いますが、監督は何かしたいことというのはありますか?)
「ゆっくりサッカーを見たいです。録画した映像もたくさん家にたまっていますし、テレビの再放送もたくさんやっているので、リラックスしながらサッカーを見たいですね(笑)。あとは落ち着いて、ここまで13節を戦ってきた中で、何が間違っていて、よかったかということを分析したいです。私にとっては、サッカーがない1日は失われた1日になります。もう40年、そうやって生きてきていますから(笑)」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「連戦だが、中断前最後の試合を勝利で終える」ミシャ監督

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ